ハタラクティブ
ハタラクティブ

「働きたくない」と思ったときはどうする?対処法や向いてる仕事の見つけ方

「働きたくない」と思ったときはどうする?対処法や向いてる仕事の見つけ方の画像

この記事のまとめ

  • 働きたくないと感じる主な原因には、人間関係への苦手意識やミスへの恐れなどがある
  • 働きたくないと悩んでいる方は、気分転換になることを取り入れてみよう
  • 働きたくない人には、在宅ワークや好きなことを活かせる仕事が向いている
  • 働きたくない人が向いてる仕事を見つけるなら、転職エージェントもおすすめ

人間関係や収入への不満などの悩みから、「働きたくない」と感じている人もいるでしょう。実際に、そのように悩みを抱えている方から相談を受けることがあります。

働きたくないという気持ちを解消するには、自分がどのような原因で悩んでいるのかを分析し、適切な対処法を考えることが大切です。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの板垣さんの解説を交えつつ、「もう働きたくない」と思う主な原因や、悩みを解消するための対処法、向いている仕事の探し方などを紹介しています。現状に悩んでおり、解決したいと考えている方は、ぜひご一読ください。

「もう働きたくない」と思う4つの原因

「もう働きたくない」と思う4つの原因

  • 人間関係を築くのが苦手
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • ミスを恐れている
  • 収入が低い

「もう働きたくない」と悩みを抱える主な原因として、人間関係への苦手意識や仕事に対するモチベーションの低下などが挙げられます。

ここでは、「働きたくない」と思う主な原因を4つ解説しているので、自分の現状と照らし合わせてみましょう。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

板垣拓実

板垣拓実

「もう働きたくない」という悩みを解決するには、自分に合った職場を見つけることが大切です。

まずは自己分析で自分の価値観、興味、強み、弱み、キャリア目標を明確にしましょう。

企業研究を行い、企業の文化や働き方、福利厚生、評判などをしっかりと調べることも大切です。企業の公式サイトや求人情報、口コミサイトなどを活用すると良いでしょう。

また、働いている人や業界のプロフェッショナルの生の声を聞き、企業の実際の様子や求められるスキルについての情報を収集するのも有効です。

新しい職場を選ぶ際は、自分自身をよく知り、外部の情報やサポートを活用しましょう。周りの人やキャリアアドバイザーに相談しながら、自分に合ったキャリアを見つけていきましょう。

1.人間関係を築くのが苦手

人間関係を築くことへの苦手意識は、「もう働きたくない」と思う原因の一つといえるでしょう。

プライベートの人間関係と違い、職場では気が合わない人や苦手な人とも上手く付き合っていかなければいけません。そのため、職場で人間関係を築くことにネガティブな感情を抱くようになり、「働きたくない」と思うこともあるようです。

2.仕事にやりがいを感じられない

仕事にやりがいを感じられないと、モチベーションが下がって「もう働きたくない」という気持ちが湧き上がってしまう場合があります。

毎日同じ仕事をこなすことは、人によっては退屈に感じることもあるでしょう。特に自分のスキルや知識が活かされない、成長する機会が感じられない環境だと、働くことに意味を感じられなくなってしまう人もいるようです。

3.ミスを恐れている

仕事でミスをすることへの恐れから、「もう働きたくない」と思い詰めてしまうこともあるようです。

仕事でミスをするのは、多少なりとも誰もが経験することといえるでしょう。しかし、ミスをした際に周囲から必要以上に厳しい対応をされた経験があると、常に緊張や不安の中で働くことになり、「働きたくない」という気持ちにつながる可能性があります。

4.収入が低い

職場の給与水準が低い、または仕事の成果が給料に反映されないなどで収入が低い場合、ストレスを感じて「もう働きたくない」と感じる方もいるでしょう。

お金ですべての問題を解決できるわけではありませんが、一定の収入を得ることで、生活における安心感や仕事をする価値を感じられることがあります。そのため、収入が不足していると生活に不安を感じたり、仕事へのモチベーションが低下したりして、「働きたくない」と思うこともあるでしょう。

「働きたくない」を解消するための対処法

「働きたくない」と感じている方には、コミュニケーションの練習や気分転換などの対処法が有効な可能性があります。

下記で「働きたくない」という気持ちを解消するための対処法を詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

コミュニケーションの練習をする

職場の人と思うようにコミュニケーションが取れない、人間関係が難しいと感じているといった原因から「働きたくない」と思っている方は、コミュニケーションの練習をしてみましょう。

たとえば、近所の人に毎朝挨拶をしてみる、習い事やサークル活動を始めてみるといった方法が有効です。

また、コミュニケーションのスキルを学ぶセミナーや勉強会へ参加したり、心理学の本を読んだりして人との関わり方について理解を深めても良いでしょう。

気分転換になることを取り入れる

仕事へのストレスが原因で「働きたくない」と感じている場合は、気分転換になることを日常の中に取り入れてみましょう。

たとえば、趣味活動を楽しむ、友人と遊ぶ、新しいことに挑戦するなど、仕事以外の時間で新鮮な気持ちになれる活動を取り入れましょう。

気分転換をしてプライベートを充実させることで、刺激や仕事への新たな視点が生まれ、働きたくないという気持ちを軽減することが期待できます。

転職を検討する

現在の職場に問題があって「働きたくない」と思っている場合、転職を検討するのも一つの選択肢です。

自分の能力が発揮できない、報酬が低い、将来に希望が持てないなど、現在の職場で解決できない問題がある場合、自分の希望に合った職場を探すことで、仕事への意欲を取り戻せる可能性があります。

世の中の仕事や業界に関する情報収集をする、求人サイトで条件に合った会社を探してみる、就職・転職エージェントに相談するなどの行動を行い、次の一歩を考えてみてください。

働きたくない人が向いてる仕事を見つけるには?

「働きたくない」という悩みが解消されない方は、以下の項目を踏まえて自分に向いている仕事を探してみましょう。

在宅でできる仕事を探してみる

働きたくないと考えている方は、在宅でできる仕事を探してみるのがおすすめです。

在宅でできる仕事は時間の融通がききやすかったり、直接的なコミュニケーションが少なかったりする傾向があるので、職場でのコミュニケーションや通勤などにストレスを感じている方は検討してみると良いでしょう。

近年はリモートワークを取り入れている企業が増えているほか、クラウドソーシングサービスといった在宅でできる仕事を探しやすいツールが充実しています。

家でできる主な仕事には、Webライティングやデザイン、データ入力などがあるので、自分の得意分野を探してみましょう。

自分が快適に仕事ができる環境を整えることで、働くことをポジティブに感じられる可能性があります。

自分の好きなことを活かせる仕事を探してみる

働きたくない悩みと向き合いながら就職を考えるなら、自分の好きなことを活かせる仕事を探してみるのも有効です。趣味や特技を活かせる仕事なら、楽しさややりがいを感じられる可能性があります。

たとえば、旅行が好きな人ならツアープランナーや添乗員などの旅行に関われる仕事、ハンドメイドが好きな人ならネットショップを開設して作品を販売するなど、自分の好きなことでどのような仕事ができるのか探してみましょう。

負担が少ない仕事を探してみる

なぜ働きたくないのか原因を追求し、少ない負担で働ける仕事を探してみるのも一つの手です。

たとえば、「自分の時間がない」と感じている方の場合は、短時間勤務やパートタイム、フレックスタイムなど、柔軟な働き方が可能な職種を探してみるとこで、負担を軽減できる可能性があります。

また、「職場の人間関係が苦手」「人と関わりたくない」と悩んでいる場合は、工場勤務や警備員など、人とのコミュニケーションが最低限で済む仕事を選ぶのがおすすめです。

自分が負担に感じているポイントを解消することで、仕事へのストレスが軽減される可能性があります。

就職・転職エージェントに相談する

「自分がどこに悩んでいるか分からない」「対処法を試してみても悩みが解消されない」という方は、就職・転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

就職に関する専門的な知識を持っているエージェントなら、希望に沿った仕事を紹介してもらえます。「働きたくない」と悩んでいる人は一人で抱え込まず、知識のあるプロに相談してみましょう。

「働きたくない」と感じてしまう原因は人それぞれですが、安定した生活を維持していくためには働かなくてはならない現実もあります。

自分にとって働きやすい環境や働き方を探すことで、ストレスを軽減していくことが大事でしょう。

自分にとって快適な環境を求めるなら、就職・転職エージェントのハタラクティブを活用するのがおすすめです。

ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがヒアリングの結果をもとにお悩みや希望に合った求人を紹介します。実際に企業に取材を行った求人のみを紹介しているので、入社後のミスマッチの心配も軽減できるでしょう。

「働きたくない」と悩んでいる方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

働きたくない人のお悩みFAQ

現在の職場で悩みを抱え、「もう働きたくない」と考えている方はいるでしょう。

ここでは、「働きたくない」という気持ちと向き合うのに役立つ情報をQ&A形式で紹介します。

「働きたくない」と思うのは甘えですか?

「働きたくない」と思うことは、決して甘えではありません。

人間関係の問題や待遇への不満、理想と現実のギャップなどが原因で、「働きたくない」と思ってしまうことはあります。

「働きたくない」と感じた際は「甘えなのではないか」「そのように考えるのはおかしいのではないか」と自分を追い込まず、置かれている現状を見つめ直す機会だと考えると良いでしょう。

働きたくない人に向いてる仕事はありますか?

「働きたくない」と思っている人は、自分の興味や能力、希望に合った仕事に出会えれば、その悩みを解消できる可能性があります。

たとえば、自分にとって快適な仕事環境を整えやすいリモートワークや、自分の趣味を活かせる仕事など、負担を感じずに働ける仕事を探してみると良いでしょう。

働かないで生活できますか?

働かないで生活することは不可能ではありませんが、一時的なものであったり、大きなリスクを伴っていたりすることがあります。

たとえば、親の収入やこれまでの貯金に頼れば一時的に生活を維持していくことはできますが、長くは続かないでしょう。

資産運用という方法もありますが、必ずしも稼げるとは限らず、価格が変動した際のリスクも考慮する必要があります。

また、生活保護は受給に条件があるため、現実的な方法とはいえません。

そのため、働かない生活を長続きさせることは難しいといえるでしょう。

働きたくない気持ちを解消するには?

「働きたくない」と感じる原因を追求し、その問題に合った対処をすることが効果的な方法です。このコラムの「「働きたくない」を解消するための対処法」にもあるように、職場に問題があるなら転職を考えてみるのも一つの手です。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、プロのアドバイザーが仕事の悩み解消をサポートしています。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube