ハタラクティブ
ハタラクティブ

フリーターが賃貸物件を借りるには?入居審査を通過するコツを解説!

フリーターが賃貸物件を借りるには?入居審査を通過するコツを解説!の画像

この記事のまとめ

  • 賃貸物件はフリーターも借りることができる
  • 賃貸契約を結ぶために必要なフリーターの手取り額の目安は、家賃の約3倍
  • フリーターが賃貸物件を借りるときは、一人暮らしに必要な支出も算出しておく
  • 賃貸物件の審査に通過するには、収入以外にも手続き時の態度や連帯保証人の存在が重要

一人暮らしを検討しているフリーターの方のなかには、「フリーターも賃貸物件を借りられる?」「どうすれば入居審査を通過できる?」といった疑問を抱えている方もいるでしょう。

入居審査でフリーターが審査される項目は収入だけではありません。性格や人柄、連帯保証人の存在も重要で、入居審査を通過するには準備が必要になるでしょう。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの中村さんのアドバイスを交えながら、フリーターが賃貸物件の審査に通過するためのコツをご紹介します。一人暮らしに必要な支出の例や入居審査でチェックされる項目についても解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

賃貸物件はフリーターだと借りられない?

正社員よりも収入や雇用が不安定なフリーターですが、入居審査を通過すれば賃貸物件を借りることは可能です。入居審査では多くの要素が評価され、その一つに「収入」が含まれます。そのため、フリーターが賃貸物件を借りるためには、一定の収入が必要になるのです。

フリーターが賃貸契約を結ぶための手取り額の目安

フリーターが賃貸契約を結ぶための手取り額の目安は、家賃の約3倍といわれています。たとえば、家賃が6万円の物件を借りるためには、手取りで18万円以上の収入が必要です。ただし、これは一般的な目安であり、物件によって異なることもあります。

一般的に正社員よりも収入が少ないフリーターにとって、家賃の3倍という収入基準は厳しいと感じる方もいるかもしれません。しかし、賃貸物件は長期的な契約になるため、不動産会社は家賃を安定して支払ってもらうための安全圏を設ける意味合いも含まれています。そのため、フリーターの方は自身の収入を改めて確認し、無理なく家賃を支払える範囲内で物件を探していくことが大切です。

一人暮らしに必要なおおよその生活費

賃貸物件を借りるときは、一人暮らしに必要なおおよその支出も算出しておきましょう。大体の費用が分かっていれば、一人暮らしをしたときにどれくらいの収入が必要なのかが分かります。以下は、家賃6万円の賃貸物件で一人暮らしする場合の支出の例です。

  • 家賃…6万
  • 生活費…5万
  • 交際費…2万
  • 服飾費…1万
  • 雑費…1万
  • 貯金…1万

これらを合計すると、一人暮らしに毎月かかる大まかな支出は16万円ほどです。ただし、これはあくまでも一例であり、人によって差はあります。自身のライフスタイルや価値観、住む地域によっても必要な生活費は変動するので、一人暮らしの際は計算した支出よりも余裕のある収入があれば安心といえるでしょう。

賃貸物件の入居審査でフリーターが審査される項目

賃貸物件を借りる際には、物件の管理会社や大家から審査を受ける必要があります。ここでは、フリーターにとって特に注意すべき審査の項目をご紹介するので、一人暮らしを検討している方は参考にしてみてください。

雇用形態と収入

賃貸物件を借りるにあたって、借り主の雇用形態と収入は審査の重要な項目となります。物件を借りるためには、一定の収入が安定して得られることが必要です。

性格や人柄

賃貸物件を借りる際、収入だけでなく借り主の性格や人柄も審査されています。大家や管理会社は、ルールを守って問題行動を起こさず、家賃をしっかりと支払う借り主を望んでいる傾向です。そのため、表面的には見えづらい項目ですが、過去の引越し回数や家賃の滞納履歴、入居前の面談での態度や受け答えなどから、借り主の人柄を推察していると考えられるでしょう。

連帯保証人の有無

連帯保証人とは、借り主が家賃を滞納した際、代わりに家賃を支払わなければならない人物のこと。フリーターのように収入が不安定な借り主の場合、連帯保証人の存在は非常に重要です。連帯保証人を立てられれば、大家や管理会社の信頼を得やすくなり、賃貸契約の可能性が高まるでしょう。

フリーターが賃貸物件の審査に通過するには?

ここでは、フリーターが賃貸物件の審査に通過するための方法をご紹介します。「現在の収入で支払える物件は見つけたけど、契約はできるの?」と不安に感じている方は、ぜひご一読ください。

現在の収入で支払える物件を探す

賃貸物件は、現在の収入で無理なく家賃を支払える範囲の物件を探しましょう。審査の際、フリーターの場合は収入が不安定であるとみなされがちです。収入が安定していなかったり収入が低かったりすると、家賃の支払い能力が疑われてしまい、審査に通りづらい状況となってしまう可能性があります。

冒頭で解説したとおり、賃貸物件を借りるのに必要な収入は、家賃の約3倍が目安です。つまり、収入の3分の1程度の物件が適切であるといえるでしょう。

手続き時の態度や服装に気を遣う

手続き時の態度や服装に気を遣うのも、フリーターが入居審査を通過するためのポイントです。物件の契約時には、管理会社やオーナーと直接顔を合わせることがあります。その際に謙虚な態度や整った身だしなみを意識すれば相手に良好な印象を与え、契約が成立する可能性が高まるでしょう。

親族に連帯保証人になってもらう

多くの賃貸物件では連帯保証人が必要です。安定した収入を持つ親族に連帯保証人になってもらうことで、管理会社やオーナーから信頼を得ることができます。連帯保証人が用意できない場合でも、保証会社を利用することで契約を結べる場合があるので、事前に調べてみましょう。

預貯金審査をしてもらう

連帯保証人が用意できず、保証会社を利用したくない場合は、預貯金審査を受けるという方法もあります。銀行口座の残高証明などを提出し、安定した賃貸生活が送れる資金繰り能力を証明できれば、大家や管理会社に対して「しっかり家賃を払える人物である」という信頼を得られるでしょう。

安心して賃貸物件に住むためにも就職しよう

安定した住まいと生活基盤を築くためには、安定した収入源が必要です。フリーターも働き方次第で安定した生活を送ることは可能ですが、就職することによって雇用と収入の安定性はさらに高まるでしょう。以下では、フリーターが正社員になるメリットと就活におすすめのサービスをご紹介します。

フリーターが正社員になるメリット

フリーターが正社員になることには、以下のようなメリットがあります。

  • ・雇用と収入が安定する
  • ・スキルや勤続年数に合わせて昇給が見込める
  • ・社会保険に加入できる
  • ・ライフプランを立てやすくなる
  • ・社会的信用を得られる

賃貸物件を借りる際、管理会社に最も重視されるのが「安定した収入」です。フリーターから正社員へステップアップすることで社会的な信用を得られ、賃貸物件の選択肢が広がるでしょう。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

中村凌河

中村凌河

正社員はよほどのことがない限り、会社から解雇を言い渡されることはありません。「いつ労働契約が解除されるか分からない」といった不安がないため、安心して仕事に専念できるのも就職するメリットです。

就活について不安なことや不明点があれば、私たちハタラクティブのアドバイザーにご相談ください。就職するにあたっての悩みを解決し、正社員になるための一歩を踏み出しましょう!

就活におすすめの無料で利用できるサービス

就活をするにあたって無料で利用できるサービスはいくつかありますが、おすすめなのは就職エージェントです。就職エージェントは求人紹介を受けられるだけでなく、面接対策や書類添削といった就活のサポートも行っています。

賃貸物件を借りるにあたってできるだけ早く就職したい方は、就職エージェントのサポートを受けながら就活することで、よりスムーズに正社員への道を開けるでしょう。

フリーターから就職を目指す方は、就職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか?
20代の若年層向けに特化したハタラクティブは、フリーターやニート、第二新卒の方々の就職をお手伝いする就職支援サービスです。
求職者一人ひとりにキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの希望や適性に合った求人をご紹介します。面接対策についてもしっかりアドバイスするので、就活が初めての方でも安心です。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

フリーターが賃貸物件を借りるときによくある質問

ここでは、フリーターが賃貸物件を借りるときによくある質問についてまとめました。

賃貸物件を借りたいのに審査に落ちる…

「フリーター」という不安定な雇用形態がネックとなり、審査に落ちてしまうケースは珍しくありません。賃貸物件の管理者は借り主が安定した収入を得ていることを期待しますが、フリーターはその性質上「安定している」とは受け取られにくいのが現状です。審査に通過して雇用や収入を安定させるためにも、就職を検討することをおすすめします。

賃貸物件の初期費用を抑えるにはどうすれば良い?

初期費用は家賃の2~3ヶ月分が一般的かつ相場ですが、フリーターにとって重い負担と感じることも多いでしょう。初期費用を抑えるためには、礼金・敷金無し、家賃1ヶ月分を初期費用に含めるなどの物件を探すことがおすすめです。昨今では初期費用を分割払いにするサービスも増えていますので、利用する価値もあります。

賃貸物件を借りられるようになるにはフリーターだと無理?

フリーターであっても、賃貸物件を借りて生活している方はいます。ただし、そのためには安定した収入を得ることが求められるでしょう。賃貸物件を借りるには、「フリーターが賃貸物件の審査に通過するには?」で解説したような工夫や準備が必要です。また、信頼できる連帯保証人を立てることができれば、なお良い結果が期待できるでしょう。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube