ハタラクティブ
ハタラクティブ

ハローワークで県外の求人を探そう!利用方法や転職のポイントを解説

ハローワークで県外の求人を探そう!利用方法や転職のポイントを解説の画像

この記事のまとめ

  • ハローワークでは、県外の求人情報を検索したり応募したりできる
  • ハローワークで県外の求人を探すには、最寄りのハローワークでの求人申込が必要
  • ハローワークで県外への転職を成功させるために、説得力のある志望動機を考えよう
  • 県外での求職活動には、ハローワーク以外に民間の就職・転職エージェントも便利

「ハローワークで県外の求人情報を探せる?」と疑問に思っている方もいるでしょう。サービス内容やできることが分からないと、ハローワークを利用するハードルも高まってしまいますよね。

ハローワークでは、勤務地や条件などを絞ってさまざまな求人を比較検討することが可能です。ただし、県外の求人に応募するときは、求職活動でのポイントを抑えておく必要があるでしょう。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの荒井さんによるアドバイスを交えながら、ハローワークで県外の求人を探す方法や、県外での就職・転職活動をする前に知っておくべきポイントを解説します。県外で仕事を探すために必要な情報を整理し、後悔しない求職活動を行いましょう。

ハローワークで県外の求人に応募できる?

ハローワークは全国500ヶ所以上で開庁しており、施設内の端末やインターネットサービスから、県内外を問わず全国各地の求人情報を閲覧することが可能です

ハローワークインターネットサービスの「検索のヒント」によると、一度に都道府県は3つまで、市区町村はそれぞれの都道府県から5つまで選択できます。県外の求人を検索したり、複数エリアの求人を比較したりする際にも有効活用できますよ。また、管轄外の求人であっても、気になるものがあれば窓口で詳細を確認することも可能です。

このように、ハローワークでは管轄地域だけでなく、全国から気になる地域を選んで求人を探すことが可能です。勤務地を問わず理想の仕事を見つけたい方や、県外で新たなキャリアを積みたいと考えている方は、ぜひ活用してみてください。

参照元
ハローワークインターネットサービス
検索のヒント

ハローワークで県外の求人を探す手順

ハローワークで県外の求人を探す手順

  • 求職申込をする
  • 就職活動をする
  • 窓口で紹介状をもらう

ハローワークで県外の求人が探せると分かっても、実際の手順が分からないと不安ですよね。ここでは、ハローワークで県外の求人を探すときの流れについて、具体的に解説していきます。

1.求職申込をする

ハローワークのサービスをすべて利用するには、最寄りのハローワークで求職申込を行う必要があります。施設内の端末で個人情報や希望する仕事の条件などの求職情報を入力し、窓口で求職申込手続きを行いましょう。

求職申込をしないと一部の企業情報が確認できなかったり、紹介状を発行してもらえなかったりと制限があるので、求職活動に不都合が生じることも。より充実したサービスを受けるためにも、求職申込をするようにしてくださいね。

ハローワークインターネットサービスでの仮登録が便利

ハローワークの窓口を訪れなくても、ハローワークインターネットサービスを利用すれば、自分のパソコンやスマホから求職申込が可能です。

アカウントを開設して14日以内に求職情報を入力することで、ハローワークの求人検索やオンラインでの自主応募ができるようになります。求職者マイページの一部の機能はハローワークに来庁しないと利用できないものの、県外の求人を探しておきたいという方にはぴったりでしょう。

参照元
ハローワークインターネットサービス
求職申込み手続きのご案内

初回登録や失業保険の手続きは県外ではできない

ハローワークの初回登録や失業保険の手続きなど、一部のサービスは県外のハローワークでは行えないので注意が必要です。それぞれのハローワークには管轄地域が定められており、上記の手続きは自分の住んでいる地域を管轄しているハローワークで行わなくてはいけません。県内のハローワークの所在地やそれぞれの管轄地域についての情報は、全国のハローワークから調べることが可能です。

参照元
厚生労働省
ハローワーク

2.就職活動をする

求職申込が済んだら、ハローワークの端末や自身のスマホなどを利用して、求人情報の検索ができるようになります。

勤務地の指定だけでなく、雇用形態や職種などから絞り込めたり、フリーワードで経歴や資格ごとに求人を探したりすることも可能です。気になる求人の求人番号を控えておくと、窓口での相談や詳細確認もスムーズに行えます。

3.窓口で紹介状をもらう

気になる求人をある程度絞ったら、最寄りのハローワークの窓口に向かいましょう。

窓口では、求人に関する疑問を職員をとおして企業側に確認できます。条件について交渉してもらえることもあるため、応募条件を満たしていない求人を諦めきれない場合も、相談してみてください。

求人についての確認がなければ、窓口の職員が、県外からの応募者がいる旨や面接の日程について企業に連絡してくれます。すぐに日程を打診されることもあるので、予定の分かるスケジュール帳やメモを持参しておくようにしましょう。

調整が終わり選考を受ける段取りが整うと、窓口から紹介状を渡されます。面接の当日は、忘れずに持っていくようにしてくださいね。

ハローワークで県外への転職を成功させるポイント

ハローワークで県外の求人を探すことは可能だと理解しつつも、実際に転職を成功させるにはどうすれば良いのか分からない方もいるでしょう。

県外に就職や転職を考えている方に向け、就職・転職活動を失敗させないためのポイントについてご紹介します。

県外で働きたい説得力のある理由を考える

ハローワークで県外の求人を探すときは、県外で働くことを希望している理由について、説得力のある説明ができるようにしておきましょう。

面接では「なぜ県外から応募したのか」と聞かれることを前提に、受け答えを準備しておくのがおすすめです。「その地域や会社でなくてはならない理由」をしっかり説明できると、企業側に意欲や熱意が伝わりやすくなります。

また、理由をあらかじめ設定しておくことで、就職・転職活動のモチベーションアップの効果も期待できるでしょう。県外での就職・転職を成功させるためにも、理由は具体的に設定しておいてくださいね。

コストがかかることを把握しておく

県外企業を中心に就職・転職活動を行う場合、県内での活動に比べコストがかかりやすい傾向にあります。そのため、ハローワークで求職活動をする前に、必要な費用を確認しておくことが大切です。

県外の企業へ面接を受けに行く場合、基本的に交通費や滞在費は自己負担になります。同じ日に面接を2件入れて交通費を節約したり、できるだけ交通費が安く済む方法で移動したりと、工夫して就職活動を乗り切りましょう。

また、就職が決まった後も、引っ越しの初期費用や生活費などがかさみ、経済的な負担が予想以上になってしまう場合も。家賃相場や地域の交通機関なども計算に入れ、できるだけ細かく計算しておくと安心です。

引っ越しは県外への転職が決まってからが無難

「その地域で働きたい」という強い気持ちから、仕事が決まる前に引っ越しをしたくなる方もいるでしょう。しかし、引っ越しは就職先が決まってからにするのが無難です。

見通しが立っていないまま引っ越ししてしまうと、「早く仕事を決めなければ」と焦ってしまいかねません。結果として、自分の適性や希望に合っていない職に就いてしまい、後悔してしまうことも。また、引っ越し先から通える範囲で仕事を探すため、選択肢を狭めてしまう恐れもあるでしょう。

住んでいる地域のハローワークで落ち着いて就職・転職活動を行い、幅広く県外の求人を比較することが成功のポイントといえます。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

荒井幹太

荒井幹太

企業によってはオンライン面接が受けられたり、住居の手配や転居費用などを負担してもらえたりすることもあり、県外への就職のハードルも下がっている傾向にあります。ハローワークで県外の求人を探すときは、上記のようなサポートがあるかどうかも併せて確認しておくと良いでしょう。

ハタラクティブでは、あなたの希望や意見に丁寧に耳を傾け、条件に合う求人を一緒にお探しします。企業の福利厚生やサポート体制についてもお伝えするため、安心して仕事探しができますよ。

転職支援機関を上手に使って県外への転職を叶えよう

ハローワークは全国の求人情報を一気に検索し、多くの求人を比較できるため、使いやすい転職支援機関の一つといえます。しかし、ハローワークは無料で求人を掲載できるぶん求人数が多く、企業の質もさまざまです。応募する前の企業研究や情報の確認は自分で行い、しっかり精査する必要があるでしょう。

とはいえ、仕事探しが不慣れだと「安心して応募できる求人の選び方が分からない…」と不安になってしまいますよね。そのような場合は、ハローワークだけでなく、就職・転職エージェントを併用するのがおすすめです。

民間企業が運営している就職・転職エージェントは、厳選した求人情報だけを扱っているのが特徴です。求人票に記載されていない企業の雰囲気や社風までお伝えするので、条件だけでなく性格や適性とのマッチ度なども確認しながら求人を検討できます。
ハローワークと就職・転職エージェントそれぞれの強みを活かし、効率的に就職活動を進めることが県外への就職を成功させるポイントといえるでしょう。

「ハローワーク以外でも県外の求人を探したい」という方は、ハタラクティブのご利用をおすすめします。ハタラクティブは、20代を中心とした若者向けの就職支援を行っている就職・転職エージェントです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、あなたの気持ちや希望に寄り添った求人紹介を行います。勤務地や業界・職種などで絞り込むことも可能なので、自分に合った仕事が見つけられるでしょう。未経験歓迎の求人も多く扱っているため、「県外で心機一転新しい仕事に挑戦したい」という方にもおすすめです。

また、応募書類の添削や面接対策など、転職時に不安な選考対策もお任せください。キャリアアドバイザーがあなたの強みや長所を引き出し、県外での就職を希望する理由や自己PRを魅力的に伝えるお手伝いをします。サービスはすべて無料でご利用いただけますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ハローワークで県外の求人を探すときに関するFAQ

ここでは、ハローワークで県外の求人を探すときによくある疑問や不安について、Q&A方式でお答えしていきます。

ハローワークで住んでいる地域以外の求人は探せますか?

ハローワークでは、全国各地のハローワークに寄せられている求人情報を検索することが可能です。ハローワークインターネットサービスを利用すれば、自宅のパソコンやスマホから気軽に求人探しができるでしょう。勤務地以外にも、資格や給与などの労働条件、勤務形態などさまざまな項目から希望に合った求人を絞り込むことも可能です。

利用するハローワークはどこでもいいのでしょうか?

求人検索や紹介状の発行などは、どこのハローワークでも行えます。ただし、ハローワークを利用するための求職申込や、失業保険に関する手続きなど、一部のサービスは居住地を管轄しているハローワークのみで受け付けているので、注意が必要です。

ハローワークで県外の企業に応募するときに注意することは?

ハローワークで県外の求人に応募するなら、「なぜ県外で働きたいと思ったのか」を明確に説明できるようにしておきましょう。応募する地域や会社でなくてはならない理由を説明できると、応募先企業に評価してもらいやすくなるといえます。また、県外での求職活動にかかるコストや時間を把握しておくと安心です。詳しくはこのコラムの「ハローワークで県外への転職を成功させるポイント」をご覧ください。

転職して、新しい環境で仕事を始めたいです…

県外の企業も視野に入れて求職活動を行うなら、ハローワークだけでなく、民間の就職・転職エージェントの利用も検討してみてください。県外への転職を考えている方は、ハタラクティブのご利用がおすすめです。ヒアリングからあなたの希望や適性を丁寧に見極めて求人をご紹介するため、不安なく求職活動が進められるでしょう。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube