ハタラクティブ
ハタラクティブ

わかものハローワークに初めて行く人の利用方法は?効率的に就活を進めよう

わかものハローワークに初めて行く人の利用方法は?効率的に就活を進めようの画像

この記事のまとめ

  • わかものハローワークを初めて利用するときは、求職者登録が必要
  • わかものハローワークは35歳未満の若年層に向けて就職支援サービスを提供している
  • スタッフが丁寧に相談に乗ってくれるため、就職活動を初めて行う人にもおすすめ
  • わかものハローワークは地元で就職したい人や就活中の他者と交流したい人に向いている
  • 初めての就活には、わかものハローワークと就職エージェントを併用するのもおすすめ

就職活動を進める20代や30代前半の人なかには、「わかものハローワークを使ってみようかな?」と検討している方もいるのではないでしょうか。就職支援サービスを初めて使う場合、利用方法やどのようなサービスを受けられるのかは、あらかじめ知っておきたいですよね。

わかものハローワークは、就職相談や職業紹介、セミナーへの参加など、若年層の就職・転職に関するサービスを提供している公的機関です。一人で行う就職活動が不安な方にとって、おすすめのサービスといえるでしょう。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの太田さんのアドバイスを交えつつ、わかものハローワークのサービス内容や利用方法を解説します。どのような人がわかものハローワークの利用に向いているかもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

初めてわかものハローワークを利用するときはどうする?

就職活動をしている若年層の方のなかには、わかものハローワークの利用を検討している方もいるでしょう。ここでは、わかものハローワークを初めて利用する方向けに利用方法を解説します。

最寄りのわかものハローワークを調べる

まずは、自宅から近いわかものハローワークはどこにあるか調べてみましょう。厚生労働省の「わかものハローワーク・わかもの支援コーナー等一覧」では、全国各地のわかものハローワークの所在地を閲覧できます。

最寄りのわかものハローワークの場所と営業時間を確認し、交通アクセスの確認もしておくと、初めての訪問でもスムーズに向かうことができるでしょう。

参照元
厚生労働省
わかものハローワーク・わかもの支援コーナー等一覧

受付で求職者登録をする

わかものハローワークに着いたら、まずは受付で求職者登録をしましょう。所定の用紙に必要な情報を書き込み受付に提出することで、利用者として正式に登録されます。求職者登録が完了しないと、わかものハローワークで提供されている求人情報を検索したり、相談や紹介のサービスを受けることができないので注意しましょう。

求職者登録には、あなたの氏名や住所といった基本情報のほか、職歴、希望職種などを記入します。わかものハローワークの相談員があなたに合った求人を紹介するために必要な情報なので、丁寧に記入しましょう。

そもそも「わかものハローワーク」って?

わかものハローワークとは、若者のための求人情報やキャリアカウンセリングなどを提供する、厚生労働省運営の就職支援サービスです。ここでは、わかものハローワークの特徴や対象年齢について詳しく解説します。

わかものハローワークの特徴

わかものハローワークの大きな特徴は、若者向けに特化したサービスを提供していることです。キャリアカウンセラーや就職を熟知した専門のスタッフが在籍しており、若者の就職活動をサポートしてくれます。

企業が若年層の求職者に求めるスキルや知識についての情報提供、社会人に必要なスキルの向上を目指すワークショップや職業訓練の紹介など、充実したサービスを受けられるでしょう。

わかものハローワークの対象年齢

厚生労働省の「わかものハローワーク」によると、サービスを利用できる対象年齢はおおむね35歳未満と定められています。これは、若者が社会に出て活躍するためのスキルや知識を身につけ、自身のキャリアを設計しやすい年齢層に焦点を当てているためです。

参照元
厚生労働省
わかものハローワーク

職歴なしの人やニートはわかものハローワークを使える?

一時的に職に就いていないニートの方や、正社員としての職歴がない方も、対象年齢内であればわかものハローワークを利用できます。これまで就業経験や正社員経験がないという方は、初めての就職活動に対する不安をスタッフと共有し、適切なアドバイスを受けることが大切です。わかものハローワークでは、一人ひとりの状況やニーズに寄り添ったサポートを行っているので、ご安心ください。

わかものハローワークでできること

わかものハローワークは、若年層の求職者に向けて多くの就職支援サービスを提供しています。具体的に何ができるのか、以下で詳しく見ていきましょう。

就職相談

わかものハローワークでは、就職活動に関してあらゆる相談を受け付けています。慣れない就職活動では、疑問や悩みがつきものですよね。「就職活動の進め方自体がよく分からない」「今までフリーター(ニート)だったからアピールできる経験がない」「どの業界に就職したいか分からない」などの疑問に対して、就職のプロフェッショナルから一人ひとりに合ったアドバイスをもらえます。

職業紹介

わかものハローワークでは相談員とのカウンセリングを通じて、自分の希望に合う求人を紹介してもらうこともできます。

求職者の経験やスキル、そして希望職種に合わせてピッタリの企業を紹介してくれるので、初めての就職活動で応募先に迷っている方には特に役立つでしょう。もちろん、自分自身で求人を検索して応募先を決めることも可能です。

セミナーの受講

わかものハローワークでは、就職や職業選択に関する多くのセミナーを開催しています。これらのセミナーは、就職活動のヒントを得たり、面接でアピールできるスキルを獲得するための良い機会となるでしょう。

セミナーに参加して基本的なビジネスマナーやコミュニケーション能力を身につけることで、就職活動だけでなく就職後にも活かせるスキルを得られるでしょう。

履歴書作成のサポート

わかものハローワークでは、履歴書作成のサポートを受けることもできます。履歴書は、企業にあなたという人材を売り込むための大切な書類です。

初めての就職活動で履歴書の書き方に悩む方も多いはず。基本的な手書きの履歴書の作成方法だけでなく、パソコンで履歴書を作る際のサポートも受けられます。

わかものハローワークを利用する3つのメリット

わかものハローワークを利用する3つのメリット

  • 1.相談員とマンツーマンの対応が受けられる
  • 2.就職セミナーに参加できる
  • 3.ハローワークよりもスムーズな対応が受けられる

ここでは、わかものハローワークを利用する3つのメリットをご紹介します。初めてのわかものハローワークで利用のメリットが気になる方は、以下を参考にしてみてください。

1.相談員とマンツーマンの対応が受けられる

わかものハローワークを利用する大きなメリットは、専門的な知識を持つ相談員にマンツーマンで就職活動の助言を受けられる点です。これは、自身の職業選択を迷っている方や、具体的な就職活動のステップが見えない方にとって特に大きなメリットといえます。

相談員は求職者の質問に対し、丁寧に答えを導き出してくれるので、あなたが就職活動をスムーズに進める助けになるでしょう。

2.就職セミナーに参加できる

前項でもご紹介したとおり、就職セミナーに参加できることもわかものハローワークのメリットです。セミナーに参加することで、職探しの方法や履歴書の書き方、面接の進め方といった、就職に必要な基本知識を学べます。

また、参加者同士の交流を深める場ともなるため、就職活動における悩みを共有したり、新たな情報を得たりすることができるでしょう。

3.ハローワークよりもスムーズにサービスを受けやすい

わかものハローワークは対象者が若年層に限定されているため、ハローワークと比較してスムーズにサービスを受けられるのもメリットといえます。一般のハローワークには年齢制限がないため、利用者数が多い分求人検索や就職相談の際に混雑することもあるでしょう。

わかものハローワークは時間をより効率的に使えるので、就職活動に費やす期間の短縮にもつながります。

わかものハローワークの利用にデメリットはある?

わかものハローワークにデメリットといえるような点はないものの、利用する上での留意点はあります。わかものハローワークの求人票の内容は簡潔に書かれているため、企業の情報が少ないと感じることがあるでしょう。

また、相談員に求人を紹介されても、最終的に応募するかどうかを決めるのは自分自身です。相談員の意見に流されるのではなく、自分の意思で就職先を決められるように、就職先に関する希望はしっかり考えておきましょう。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

太田雅子

太田雅子

地元の企業に特化した求人を検索できるのも、わかものハローワークの魅力です。しかし、ハローワークには無料で求人を掲載できるため、採用活動や人材育成にあまりコストを割けない企業が混ざりやすいという懸念があります。

入社後の研修制度が整っておらず、「せっかく就職したのに自分には合わない企業だった」と後悔してしまう恐れもあるでしょう。企業とのミスマッチを避けるためにも、わかものハローワークだけを使うより、就職エージェントと同時利用するのがおすすめです。

こんな人はわかものハローワークの利用がおすすめ!

わかものハローワークは、若い求職者の就職活動をサポートしてくれる存在です。しかし、若年層のなかでもどのような人におすすめのサービスを使うべきなのでしょうか。わかものハローワークの利用を迷っている方は、以下を参考にしてみてください。

地元で就職したいと考えている人

地元での就職を考えている方には、わかものハローワークの利用がおすすめといえます。わかものハローワークが取り扱っている求人には、その地域近辺の求人情報が多いのが特徴です。そのため、「家からあまり遠くない場所で就職したい」と考えている方に向いているでしょう。

無料で就職活動のサポートを受けたい人

スーツやカバンといった面接用の服装を揃えたり、面接会場までの交通費がかかったりなど、就職活動にはそれなりのコストがかかります。わかものハローワークでは無料で就職支援を受けられるので、少しでも費用を浮かせて就職活動を進めたい方にも向いているでしょう。

就活中の他者と交流したい人

わかものハローワークでは、セミナーを通じて自分以外の就活中の人と交流をもつこともできます。自分と同じく就活中であったり、似ている境遇・状況の人たちと関わりをもてるため、就職に関する情報収集にも役立つでしょう。そのため、ほかの求職者と対話したい人にも、わかものハローワークはおすすめです。

わかものハローワークのほかにエージェントもおすすめ

より効果的な就職活動を行うために、わかものハローワークとあわせて就職エージェントの併用も検討してみましょう。就職エージェントでは、一人ひとりに合った手厚いサポートを受けられるだけでなく、一般には募集されない非公開求人を紹介してもらえることもあります。

複数の就職支援サービスを利用することで、より好条件の求人に応募できる可能性は高まります。仕事探しの幅を広げられるため、わかものハローワークのみを使うよりも就職を成功させやすいといえるでしょう。

「面接対策を一人でできるか不安…」「就職活動を効率的に進めたい」という方は、若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談してみませんか?

ハタラクティブでは一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーがつき、きめ細かなマンツーマン対応であなたの就職活動をサポート。カウンセリングに基づいた求人紹介をはじめ、履歴書の添削や面接対策など、就職活動に関する多くのサービスを提供しています。もちろん、サービスはすべて無料です。就職を成功させたい方は、ハタラクティブにぜひご登録ください。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube