ハタラクティブ
ハタラクティブ

人と関わりたくない…ストレスの原因やおすすめの仕事を紹介!

人と関わりたくない…ストレスの原因やおすすめの仕事を紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 「人と関わりたくない」と悩む心理は、「自信がない」「一人の方が楽」など
  • 「人と関わりたくない」ときは、十分な休息をとったりリフレッシュしたりしよう
  • 「人と関わりたくない」ときは、自分のペースでコミュニケーションをとるのが大事
  • 「人と関わりたくない」と悩む人におすすめの仕事は、プログラマーやドライバーなど

「人に関わりたくない」という悩みをもつ人から、仕事探しについて相談を受けることがあります。仕事ではコミュニケーションが必要不可欠なイメージがあるため、就職・転職活動のハードルが高く感じてしまいますよね。

他者とのコミュニケーションに苦手意識や難しさを感じるときは、原因を明確にし、考え方を工夫することで解決することもあります。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの中村さんのアドバイスも交えつつ、「人に関わりたくない」悩みを軽減させるための工夫や、おすすめの仕事について解説します。人と関わることに苦手意識があり、自分に合う仕事がわからないという方は、一緒に解決策を確認しましょう。

「人と関わりたくない」と悩む人の心理

「人と関わりたくない」と悩んでいる人の心理には、自分に自信がなかったり、人とのコミュニケーションを負担に感じやすかったりといった傾向があるようです。

ここでは、「人と関わりたくない」ときの心理状態について解説します。悩みの原因に当てはまるものがないか、確認してみてください。

人と関わるのがストレス

「人と関わりたくない」と悩む人の心理として、対人コミュニケーションがストレスになっている場合があります

自分の気持ちや意見を上手く伝えられなかったり、相手の意図を上手くくみ取れなかったりすると、コミュニケーションに苦手意識をもってしまいますよね。また、必要最低限の会話しかしたくないという場合は、雑談や些細なコミュニケーションに煩わしさを感じてしまうでしょう。

上記のような理由から人との関わりがストレスになってしまい、「人と関わりたくない」と感じるようです。

自信がなく落ち込みやすい

「人と関わりたくない」という悩みには、自分に自信がなく落ち込みやすいことが関係しているといえます

自分に自信がないと、他人の些細な言動をネガティブに受け止め過ぎてしまったり、悩んだりしてしまうでしょう。また、他人からの評価や意見に左右されやすいため落ち込みやすく、さらに自信がなくなるという悪循環に陥ってしまうリスクも考えられます。

人と関わって傷ついた経験が忘れられず、傷つくことを恐れて周囲と距離を置く人もいるようです。

一人でいる方が楽

「人と関わりたくない」と感じるのは、一人でいる方が楽という心理が理由のこともあります

「必要以上に周囲を気遣ってしまう」「人と関わると疲れる」といった理由から、一人でいることを自ら選ぶ人もいるでしょう。こういった考え方から、人と関わるメリットや意義が見いだせず、結果的に「人と関わりたくない」と思うようです。

仕事の疲れやストレスで余裕がない

「人と関わりたくない」のは、仕事の疲れやストレスが原因の可能性もあります

疲れやストレスがピークに達すると、普段は問題ない他者とのコミュニケーションややり取りが億劫になってしまうことも。仕事に手一杯で周りを気にする余裕がなくなってしまい、「人と関わりたくない」「一人になりたい」と感じるようです。

「人と関わりたくない」ときの対策

「人と関わりたくない」ときは、休みやリフレッシュの機会を増やすなど、自分の調子を整えることから始めることが重要です。

この項では、「人と関わりたくない」という悩みの対策について解説しています。まずは心身を休めて、少しずつ悩みの解消を目指しましょう。

十分な休息をとる

「人と関わりたくない」ときは、疲労やストレスがたまっていることも。休日の時間を利用したり、思い切って休暇を取ったりして、十分な休息をとることに徹しましょう

休暇中は、家でゆっくりと本を読んだり趣味をしたりと、自分の好きなことをして過ごします。このとき、会社からの連絡やSNSの投稿などが目に入らないように、スマホや携帯はなるべく気にしないようにすると良いでしょう。

また、無理のない範囲で、リフレッシュのために活動することも重要です。少しでも外出したり、余裕があれば自然豊かな場所で深呼吸したりすることで、気持ちの切り替えがしやすくなるといえます。

心身の調子を整える

「人と関わりたくない」と悩んでいるときは、心身ともに疲労やストレスが蓄積している状態の可能性もあるでしょう。心身の調子を整えるために、普段より意識して健康的な生活を送り、心身の調子を整えることが大切です

たとえば、睡眠時間が足りていないと心身の疲れが抜けず、疲労がたまる一方といえます。そのような場合は早めの時間に就寝し、十分な睡眠時間が確保できるようにしてみてください。また、デスクワークが多い仕事の場合、同じ姿勢で身体にダメージがたまっていることも。散歩やウォーキングなどで身体を動かしたり、ストレッチでほぐしたりすると、リフレッシュできるでしょう。

心を許せる人に話を聞いてもらう

「人と関わりたくない」気持ちを、心を許せる相手に聞いてもらうことで、悩みが軽くなる可能性があります

自分が「話したい」と思える人と交流ももつことで、気持ちの切り替えができるようになることもあるでしょう。また、悩みを誰かに話すことで、自分の考えや気持ちを整理できたり、相談相手から思いもよらないアドバイスや解決策を提示してもらえたりといった効果も期待できます。

心身の疲れがあるまま関わろうとするとストレスになりかねないため、自然に「関わりたい」と思えるようになってからにしましょう。

「人と関わりたくない」気持ちを軽減させる考え方

「人と関わりたくない」気持ちを軽減させる考え方

  • 自分の気持ちを尊重する
  • 自分にとって心地良い距離感で相手と接する
  • 無理に人と関わろうとするのを止める
  • 人の良いところに着目してみる

「人と関わりたくない」気持ちを軽減させるには、人との関わり方や自分の考え方などを工夫する必要があります。

ストレスなくコミュニケーションをとれるようになるためにも、4つの方法を試してみてください。

1.自分の気持ちを尊重する

「人と関わりたくない」気持ちを軽減させるためには、自分の気持ちや価値観を尊重することが大切です

「人と関わりたくない」と悩む人の心理」で解説した心理に当てはまるものがあれば、それが自分の素直な気持ちであると受け入れてみてください。自分の気持ちと向き合うことで気持ちや価値観を尊重して、「無理に変えようとしなくて良い」と考えるようにシフトチェンジしやすくなるでしょう。

また、自分の気持ちをしっかり理解することで、相手の言動に振り回されることも減るといえます。自分に自信がないという方は、まずは自分の気持ちを大事にすることから始めてみましょう。

2.自分にとって心地良い距離感で相手と接する

無理にコミュニケーションをとろうとせず、自分にとって心地良い距離感を保つようにしてみてください

相手のペースに合わせてコミュニケーションをとっていると、疲労やストレスを感じてしまいがちです。自分にとって丁度良い距離感を保つことで、「人と関わりたくない」といった気持ちを軽減させられるでしょう。

3.無理に人と関わろうとするのを止める

人とコミュニケーションをとること自体がストレスという場合は、無理に人と関わろうとせずに、できることから始めてみてください

「人と関わろう」「コミュニケーションをとらなければ」と考えてしまうと、それが新たなストレス源になってしまいかねません。最初から高度なコミュニケーションを目指すのではなく、「話しかけられたら笑顔で返事をする」「雑談の輪に入れそうなら入ってみる」など、ちょっとした目標から設定してみましょう。

少しずつ成功体験を重ねていくうちに、人間関係やコミュニケーションに感じるストレスが軽減される可能性があります。

4.人の良いところに着目してみる

「人と関わりたくない」という状況を改善させるには、人の良いところにだけ目を向けるようにしてみると良いでしょう

コミュニケーションに苦手意識があるのは、過去の経験から「人に関わっても良いことがない」と思いこんでいるのが原因の可能性も。「いつも褒めてくれる」「目を見て話しかけてくれる」など、目の前の相手の良いところに着目することで、苦手意識や思い込みの解消が期待できます。

気持ち良いコミュニケーションをとるためにも、周りの人の良いところを意識して探すようにしてみましょう。

ポジティブ思考が考え方を変えるコツ

考え方を変えるコツは、常にポジティブ思考でいることといえます。

「人と関わりたくない」とずっと考えていると、「会話をしたくない」「一人が良い」というように、物事のマイナス面ばかりに気をとられてしまいがちに。そういった考えは言動にも現れやすいため、改善できないでいると、周りの人から敬遠されてしまいかねません。

たとえば、雑談が苦手なら「業務連絡は笑顔でしてみよう」「会話に加わって相槌を打つだけでもしてみよう」といった、無理なく実現できそうな目標を定めてみましょう。達成できれば大きな成功体験になるだけでなく、できなくても「次頑張ろう」と前向きに考えられるようになります。

「人と関わりたくない」と悩む人におすすめの仕事

「人と関わりたくない」と悩んでいると、自分に合う仕事はあるのか不安になってしまいますよね。

他人とのコミュニケーションを最小限に抑えたいなら、一人で黙々と進められるデータ入力やライン作業などがおすすめです。挑戦しやすい仕事を6つご紹介するので、ぜひ確認してみてください。

ITプログラマー

ITプログラマーとは、プログラミング言語を使って、システム開発やソフトウェアの作成などを行う職業です。

チームやプロジェクトで一つの業務に携わることもありますが、プログラミングの作業自体は一人で行うことが多いため、「人と関わりたくない」という方が挑戦しやすい仕事の一つといえます

プログラミングの専門的なスキルが身につけられるためキャリアの見通しも立てやすく、昇進やフリーランスなど、将来的にさまざまな活躍の仕方ができるのも魅力です。

Webライター

Webサイトやアプリなどに掲載するコラムや記事を書く、Webライターも「人と関わりたくない」という方におすすめの仕事です。

仕事によって発注元と連絡を取り合ったり、取材に出向いたりすることはありますが、ライティングの作業は一人で行います。そのため、外部とのやりとりを必要最低限に抑えやすい仕事といえるでしょう。

リモート勤務がしやすいほか、業務委託やフリーランスなど働き方も選びやすいため、自分のペースで仕事を進められるのもメリットの一つ。仕事のやり方を自分なりにカスタマイズしたいという方に向いているでしょう。

データ入力

「人と関わりたくない」という悩みをもつ方には、黙々と作業を進められるデータ入力の仕事もおすすめです。

データ入力とは、個人情報やアンケート結果などのデータをフォーマットやリストにまとめる仕事です。同じ作業を繰り返す仕事のため人と関わる機会もあまりなく、一度覚えれば淡々と仕事をこなせます

データ入力もリモート勤務しやすい仕事の一つであり、未経験から始められる求人も多いため、挑戦しやすい仕事といえるでしょう。

警備員

警備員も、人と関わることが少ない仕事の一つといえます。

警備員の仕事は、公共施設や商業施設で警備や見回りなどを行うことです。振り分けられた持ち場を一人で担当することが多いため、黙々と業務に取り組めるでしょう

仕事内容によっては立っている時間が長かったり屋外での作業だったりするので、体力がある方におすすめです。

工場のライン作業

同じ作業を繰り返すライン作業も、「人と関わりたくない」という方におすすめの仕事です

仕事を覚えた後は流れ作業を繰り返すため、業務連絡以外で話しかけられることはあまりないでしょう。黙々と同じ作業に継続して取り組めるという方におすすめです。

トラックドライバー

「人と関わりたくない」という方には、トラックドライバーもおすすめの仕事の一つ。商品や顧客の荷物をトラックで運ぶため、基本的に仕事中は一人でいることが多いためです

一つの作業に集中したい方や、他人とコミュニケーションをとりたくないという方はストレスなく仕事ができるでしょう。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

中村凌河

中村凌河

人と全く関わらない仕事は難しいとはいえ、ドライバーや製造系など、コミュニケーションの機会が少なかったり、高度なコミュニケーションが不要だったりする仕事に就くことは可能ですよ。

わたしたちは、あなたの適性や希望に沿った求人を紹介するために、丁寧にカウンセリングを行っています。人となるべく関わらず、かつあなたの得意な分野や適性を活かせる仕事を、一緒に探していきましょう。

「人と関わりたくない」人が就活で気をつけるポイント

仕事選びで後悔しないためには、自分の考え方や気持ちをしっかり分析する必要があります。

ここでは、「人と関わりたくない」人が就活で気をつけるべきポイントをご紹介。自分に合った仕事の探し方や就職・転職活動の不安を解消しましょう。

「人と関わりたくない」原因と対策を把握する

仕事探しを始める前に、「人と関わりたくない」という悩みの原因と対策を分析してみてください

たとえば、人と会話すること自体が苦手であれば、コミュニケーションの機会が少ない仕事を選ぶと良いでしょう。過去の経験や自信のなさが原因で「人と関わりたくない」と悩んでいるのであれば、「「人と関わりたくない」気持ちを軽減させる考え方」を実践することで克服でき、仕事の選択肢が広がる可能性も。
また、自身の経験から価値観や適性を洗い出す自己分析を行うことで、コミュニケーションに苦手意識をもっている原因を突き止められるでしょう。

「人と関わりたくない」原因と対策がわからないまま仕事を選んでしまうと、入社後に「自分の適性に合った仕事ではなかった」と悩んでしまうリスクも。就活を始める前に、しっかり分析しておくことをおすすめします。

第三者を頼ることで適職が見つかることもある

就職活動が難航しているなら、一人で抱え込まずに第三者に相談することで解決する可能性があります

悩みを一人で解決しようとすると、考えが行き詰ってしまいがちです。親や友人などの信頼できる第三者に相談することで、第三者視点でのアドバイスや解決策が聞けたり、気持ちが軽くなったりすることもありますよ。

「身近な人には相談しづらい」「プロのアドバイスが聞きたい」という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブとは、20代を中心とした若年層に特化した就職・転職エージェントです。

わたしたちキャリアアドバイザーが丁寧にヒアリングし、ぴったりの求人をご紹介します。業界・職種や企業規模を問わず多種多様な求人を揃えているので、さまざまな選択肢から自分に合った仕事を見つけられるでしょう。

求人紹介だけでなく、自己分析のお手伝いや応募書類の添削、模擬面接などを行って就職・転職活動をトータルサポートします。「人と関わりたくない」という悩みを抱えている方も、原因を一緒に突き止めたうえで、解決方法や自分の強みのアピール方法などをアドバイスしますよ。

サービスはすべて無料でご利用いただけるため、まずはお気軽にご相談ください。

人と関わりたくないときに関するQ&A

ここでは、「人と関わりたくない」悩みに関して、Q&A方式でお答えしていきます。

「人と関わりたくない」と悩む人に共通の特徴はありますか?

「人と関わりたくない」悩みをもつ方全員に当てはまるとは限りませんが、よくある特徴として「人と関わることがストレス」「自信がなく落ち込みやすい」といったものがあります。コミュニケーションの方法がわからなかったり、自分に自信がなかったりすると、次第に人と関わること自体にストレスを感じてしまうでしょう。詳しくはこのコラムの「「人と関わりたくない」と悩む人の心理」で解説しています。

疲れるので仕事上で人と関わりたくないです

無理に人と関わろうとするのではなく、疲れやストレスを感じない挨拶やちょっとした会話などから始めて、心地良い距離感を掴んでみましょう。仕事上で全く人と関わらないようにしていると、かえってトラブルの原因になることも。丁度良い距離感を自分で知っておくことで、不要なストレスやトラブルを防げるといえます。

「人と関わりたくない」という考え方を変えたいです…

「人と関わりたくない」という考え方を変えるためには、ポジティブ思考を意識してみましょう。自信がないからといって「自分なんか」「上手く話せないのでは」とマイナスなことばかり考えていると、人と関わるハードルはさらに高くなってしまいます。「笑顔で挨拶する」「相槌を打ってみる」など達成しやすい目標から設定して、成功体験を積んでいきましょう。

人と関わりたくないのですが、おすすめの仕事が知りたいです

「人と関わりたくない」という方には、一人で黙々と業務ができるトラックドライバーやデータ入力などの仕事がおすすめです。このコラムの「「人と関わりたくない」と悩む人におすすめの仕事」では、おすすめの仕事を6つ紹介しています。ぜひ確認してみてください。自分に合う仕事がわからないという方は、ハタラクティブのご利用がおすすめです。キャリアアドバイザーに相談しながら、自分の適性や希望に合う仕事を探せます。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube