ハタラクティブ
ハタラクティブ

IT業界に未経験者の転職は難しい?必要なスキルや志望動機の例文を紹介!

IT業界に未経験者の転職は難しい?必要なスキルや志望動機の例文を紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 未経験からIT業界への転職は可能
  • IT業界は人手不足の傾向があり、未経験者を歓迎する企業は多い
  • IT業界で活躍する職種にはプログラマーやIT事務、Webデザイナーなどがある
  • 未経験者のIT業界への転職では、MOSや基本情報技術者試験の資格が役立つ

「未経験だけどIT業界に転職したい!」と、求職者の方からご相談を受けることがあります。なかには、「IT業界への興味はあるけど、具体的な仕事内容が自分に向いているかどうか気になる」と迷っている方もいるようです。

情報技術を利用して事業を行うIT企業は、職種によって役割や仕事内容も異なります。IT業界にはどのような仕事があるか知ることで、選考を通過するために必要な対策が見えてくるでしょう。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの北島さんのアドバイスを交えつつ、未経験でIT業界に就く場合の転職事情や、IT業界で活躍する職種の仕事内容をご紹介します。IT企業で働くことに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

IT業界に未経験から転職するのは厳しい?

未経験者がIT業界に転職するのは、一見厳しいように思う方もいるでしょう。しかし、IT業界は未経験者を歓迎している求人も多く、必ずしも転職が難しいわけではありません。以下で詳しく見てみましょう。

IT業界の求人状況と未経験者への需要

近年IT業界における技術の発展によって、求人に対して人材が足りていない状況が続いている傾向にあります。そのため、企業は経験者だけでなく未経験者も積極的に採用し、人材育成に力を入れているのです。特にプログラミングやデータアナリシス、AI開発などの分野は、学習意欲や適応能力をアピールすることで未経験者のチャンスが広がるでしょう。

IT業界未経験者が求められるスキル

IT業界未経験者に求められるスキルには、基本的なコンピュータスキルや論理的思考力、意欲的な学習能力などが挙げられます。

基本的なコンピュータスキルは、IT業界でどのような職種に就いても求められる共通のスキルです。
論理的思考力は、プログラミング業務からプロジェクト運営に至るまで、幅広い業務で活かせるでしょう。プログラマーやエンジニアの仕事においては必要不可欠なスキルとなります。
また、IT業界は常に新しい技術やシステムが登場するため、新しいことを積極的に学ぶ能力も重要です。

未経験者におすすめのIT業界の職種と仕事内容

IT業界と一口に言っても、その職種は多種多様です。ここでは、未経験者も挑戦できるおすすめの職種と仕事内容をご紹介します。

プログラマー

プログラマーは、ソフトウェアやアプリを作る職種です。システムエンジニアが作成した設計書に基づき、コンピューターに指示を与えるプログラミングを書きます。初心者向け・未経験者向けのプログラミング言語の勉強から始めれば、未経験者であっても転職可能です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、企業の情報システムを支える重要な役割を果たします。専門知識が必要ですが、未経験者向けに教育体制が充実している企業も多いので、IT業界が初めてという方でも挑戦しやすい職種です。

IT事務

IT事務は、開発現場における事務作業や、ITの知識を活かして業務効率の向上を図る職種です。基本的なパソコンスキルに加え、事務職の経験もあれば、未経験からの転職でも即戦力として採用される可能性もあります。

IT営業

IT営業は、自社で開発したサービスやIT機器などを顧客に販売する仕事です。人間関係を円滑に構築するスキルやコミュニケーション能力が求められ、理系出身者だけでなく文系出身者も活躍しやすいでしょう。

Webマーケター

Webマーケターは、インターネットを用いて商品やサービスの販売促進を行います。SNSの運営や広告の管理なども業務の一環です。Webの知識とマーケティングのセンスが求められますが、知識は実務経験のなかで学ぶことが可能です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、顧客や自社の要望に合わせて、Webサイトの見た目や使い勝手を設計する仕事です。美的センスだけでなくユーザーの視点に立った思考が大切で、多様なデザインソフトの勉強も求められます。企業によっては、Webサイトの企画やコーティングに携わることもあるでしょう。

サポートデスク

サポートデスクは、社内でパソコンやシステムに関する相談・トラブル対応などを引き受けたり、ユーザーからの問い合わせに対応したりする職種です。パソコンやシステムに関わる幅広いトラブルに対応する仕事なので、実務のなかで多くのスキルや経験を身につけられるでしょう。

未経験者がIT業界に転職するときに役立つ資格

未経験からIT業界に転職することは可能ですが、職種によっては特定の資格をもっていることで選考が有利になる場合があります。

ここでは、未経験者がIT業界に転職するときに役立つ資格をご紹介するので、転職にあたって資格の取得を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

ITパスポート

ITパスポートは、ITの基礎知識を身に付けたことを証明する国家資格です。この試験に合格すると、ITの基本的な知識と理解を示すことができます。ITパスポートは、IT業界未経験者が自分の能力をアピールする手段となるだけでなく、就職後も業務に役立つ知識として活かせるでしょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、より専門的なIT知識を測る試験です。開発や運用、管理を行うITエンジニアに必須の基本スキルが身につきます。資格の勉強を通じて、情報システムの企画や分析、設計に対する基本的な知識と技術能力への理解を深められるでしょう。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験は、情報セキュリティのリスク管理や対策に必要なスキルを学べる資格です。情報セキュリティの専門家として活躍したい人にぴったりの資格で、企業の情報資産を守る役割を果たします。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格は、Word、Excel、PowerPointなどの使い方を高度に理解し、効率良く作業ができることを証明する資格です。書類作成やデータの集計に役立つスキルで、IT業界のどのような職種でも活かすことができるでしょう。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

北島愛純

北島愛純

IT業界が未経験であっても、学習意欲があったり資格を取得したりすることで採用の可能性を高められます。
少しでも選考を有利に運べるよう、自分で学べる部分はあらかじめ勉強しておくのがおすすめです。

未経験者向け!IT業界の志望動機の例文

ここでは、未経験者向けにIT業界に転職する際の志望動機の例文をご紹介します。IT業界未経験者の志望動機では、企業への熱意はもちろん「なぜIT業界に転職したいと思ったのか」を明確にするのがポイントです。志望動機の作り方に迷ったときは、以下を参考にオリジナルの内容を考えてみてくださいね。

プログラマーの志望動機

「私は常に新しくなっていくものや、自分が未体験のことに挑戦するのが好きです。IT業界の技術が世界に大きな影響を及ぼしながら日々進化し続けていることに魅力を感じ、IT業界の仕事を志望しました。プログラミングスキルは未経験ですが、御社で働きながらプログラミングを学び自己成長を続け、社会に貢献できるプログラミングのスペシャリストになりたいと思っています。」

IT事務の志望動機

「私の長所は、前職の事務職で培ったパソコンスキルと、マルチタスクを効率良くこなせる能力です。IT業界の経験はありませんが、IT業界の仕事に対する興味と意欲は人一倍あります。私のスキルをIT事務の仕事に活かし、業務の効率化や円滑なコミュニケーションを図る一方で、ITの知識を深めることで自身の価値を上げていければと考えております。」

Webデザイナーの志望動機

「以前からWebデザイナーの仕事に興味があり、美術やデザインの知識を活かして挑戦したいと考えていました。Webデザインはエンドユーザーに直接影響を与え、ビジネス全体を左右する重要なポジションだと理解しています。職種自体は未経験ですが、デザインだけでなくユーザーの体験や使い心地を重視しながら、魅力的なWebサイトの創造に挑戦したいと考えています。」

未経験からIT業界への転職を成功させるポイント

未経験者がIT業界に転職するときは、IT業界についての勉強や年代別の面接対策をすることで選考が有利に働くでしょう。ここでは、未経験からIT業界への転職を成功させるポイントをご紹介します。それぞれのポイントを押さえ、IT業界への就職・転職を実現させましょう。

IT業界について勉強しておく

IT業界の仕事が未経験であっても、事前に勉強できる内容は学んでおきましょう。IT業界や職種の知識を深めることは面接で役立つだけでなく、自身のキャリアプランを定める助けにもなります。

業界のトレンドや新しい技術、成長している分野について調査すれば、自分は何に興味がありどのような企業へ応募するべきかも明確になるでしょう。IT業界の基本的な概念や用語を学ぶことで、転職後に社員や顧客とコミュニケーションをとる上での障壁も減らすことができます。

20代は熱意や学習意欲をアピールする

IT業界が未経験の20代の方の場合、熱意や学習意欲を強くアピールするのがポイントです。前職までのスキルや経験も大切ですが、IT業界では常に新しい技術やトレンドが登場するため、自己啓発の意欲や新しい学びに対する積極性が重視されます。未経験からでもIT業界に関心があり、進化する業界で働く意欲があることを明確に示すことで、採用担当者へIT業界への熱意を示せるでしょう。

30代は企業の求める人物像を研究することが大切

IT業界が未経験の30代の場合は、20代よりも知識が求められることが多く、前職までの経験を活かしたスキルを求められる傾向にあります。そのため、応募企業のニーズを理解し、それに合致する知識やスキルを習得することが重要です

IT関連の知識だけでなく、社会人経験を活かしたコミュニケーション能力やマネジメントスキルなども評価されるので、自己PRの際にはこれらを強調することが効果的でしょう。

未経験からIT業界に転職したい方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポートします。求人紹介だけでなく、応募書類の添削や面接対策など、転職活動全般のサポートを丁寧に実施。転職活動自体が初めてという方も、安心してご利用いただけます。もちろん、ハタラクティブのサービスはすべて無料です。IT業界への転職を成功させたい方は、ぜひお問い合わせくださいね。

未経験者がIT業界に挑戦するときに関するQ&A

ここでは、未経験者がIT業界に挑戦するときによくある質問とその回答をご紹介します。

文系の未経験者もIT業界を目指せますか?

文系の未経験者も、IT業界を目指すことは可能です。IT業界は理系出身者だけが活躍する分野ではありません。転職するにあたって知識やスキルはもちろん重要ですが、IT業界や職種への熱意と学習意欲も同様に大切です。特にITコンサルタントやプロジェクトマネージャーなどのポジションでは、文系出身者のレポーティングやプレゼンテーションのスキルが重宝されます。

未経験でIT業界に転職するときに必要な準備とは?

未経験でIT業界に転職するときには、初めに自分が何をやりたいのか、応募先ではどのようなスキルが求められるのかを知ることが重要です。具体的には、プログラミング言語の基礎知識を学んだり、インターネットとインターネットサービスの働きを理解することから始めると良いでしょう。また、個人でアプリケーションを作成した実績があれば、ポートフォリオを用意すると面接で効果的なアピールにつながります。

IT業界の年収はどれくらいですか?

IT業界の年収は、職種や役職、経験年数などによって異なります。しかし、一般的にはIT業界の年収は高い傾向にあり、経験年数の浅い方でも平均年収は約400万円、中堅レベルになると約500~600万円、さらに経験を積み上げてスキルを高めると、700万円を超えるケースもあります。IT業界で高収入を得るためには、収入に見合ったスキルと成果が求められるので、自己投資を欠かさずに行っていくことが大切です。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube