ハタラクティブ
ハタラクティブ

29歳で転職するのは遅い?スキルなしから正社員を目指すための方法とは

29歳で転職するのは遅い?スキルなしから正社員を目指すための方法とはの画像

この記事のまとめ

  • 29歳は、異業種に挑戦できるだけでなく即戦力を買われて転職が成功する可能性もある
  • 29歳で転職するかどうかは、メリットのほかにデメリットも考慮して決定しよう
  • 29歳で転職するのにおすすめの仕事は、介護職やIT関連職、営業職などが挙げられる

29歳で転職を検討中の方のなかには、「成功するだろうか?」と不安を抱いている方もいるでしょう。転職活動には、不安を払拭したうえで自信をもって臨みたいですよね。

29歳は柔軟性やポテンシャルを評価してもらいやすく、異業種に転職可能な年齢です。また、社会人としての経験が買われて同職種でのキャリアアップを叶えられる可能性も。自分の希望を叶えるために行動を起こす絶好の機会といえます。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの北島さんのアドバイスを交えながら、29歳での転職を成功させる方法をご紹介。転職活動へのモチベーションを高めていきいきと自分自身をアピールするためにお役立てください。

29歳で転職するのは厳しい?

29歳は、転職においてポテンシャルや即戦力を評価してもらいやすい年齢です。異業種への挑戦も同職種でのキャリアアップも狙える年齢のため、「29歳での転職は遅いのでは…」と悲観し過ぎる必要はありません。

以下で29歳の転職事情を解説しているので、参考にしてみてください。

29歳は異業種に転職できるチャンスがある

29歳は、男女ともに未経験の職種に転職できるチャンスがある年齢といえます。20代のうちであれば、企業側から「新たな知識や技術を習得できる柔軟性がある」とみなされて未経験分野での採用が決まる可能性が高いからです。

30歳以降になるとスキルや経験を重視される傾向があるため、異業種への転職を考えている方は、20代のうちに行動することをおすすめします。

29歳は転職で即戦力を買われる場合もある

29歳であれば、即戦力として転職先から歓迎される可能性もあります。22歳で新卒入社したとすると、29歳は社会人7年目となる時期。ある程度の社会人経験を積んでいるため、転職先から「すぐに活躍してくれそう」と期待されやすい年齢です。

たとえば、部下の育成や業務の効率化といったマネジメント業務に携わった経験があるならば、積極的にアピールすると好印象につながります。29歳での転職は、これまで培ってきた経験やスキルを活かし、さらなる成長を遂げるためのきっかけになり得るでしょう。

29歳で転職を考える理由

29歳で転職を考える理由

  • 新しく挑戦したいことができたから
  • 今の職場では解決できない問題があるから
  • 実現したいライフプランがあるから

29歳で転職を考える理由としては、「新しく挑戦したいことができたから」「今の職場では解決できない問題があるから」「実現したいライフプランがあるから」の3つが考えられます。以下で詳しく解説しているので、自分自身の気持ちを整理するための参考にしてみてください。

1.新しく挑戦したいことができたから

29歳で転職を検討する理由の一つが、「新しく挑戦したいことができたから」です。前述したように、29歳は一定以上の社会人経験を積んでいる年齢。新卒時には気づかなかった自分自身の得意なことや興味のある分野が見つかり、「新しい道に進みたい」と考える方は多いでしょう。将来のビジョンが明らかになっていれば、仕事探しや選考でのアピールもしやすいため、思い切って転職に踏み切ることをおすすめします。

2.今の職場では解決できない問題があるから

「今の職場では解決できない問題があるから転職したい」という29歳の方もいるようです。職場における上司や同僚との人間関係、働く環境や労働条件などに問題がある場合、自分だけの力では早期の改善を見込めないことも。我慢して働き続けると心身に影響が及ぶ恐れもあるため、転職をして環境を変えてみるのも一つの手です。

ただし、同じ理由での退職を繰り返さないためにも、転職先選びは慎重に行う必要があります。現職の問題点を洗い出したうえで、それらが解決できる職場を探しましょう。

3.実現したいライフプランがあるから

「実現したいライフプランがあるから」という理由も、29歳で転職を考える理由として挙げられます。たとえば、「子どもが産まれるので家族と過ごす時間を確保したい」「趣味や特技を磨いて私生活を充実させたい」といった希望がある場合、時短勤務やフレックスタイム制を導入している企業が転職先の候補になるでしょう。ワークライフバランスを保ちながら長く働き続けるためにも、自分のライフスタイルに合った職場を選ぶことが大切です。

29歳で転職するメリットとデメリット

転職を考える際、メリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。特に、29歳はキャリア形成の途中なので、多様な情報を得たうえで今後の進路を決めましょう。

29歳で転職するメリット

29歳で転職すると、「ポテンシャルを評価してもらえる」「これまでの経験がミスマッチ回避に役立つ」といったメリットがあります。以下でそれぞれの詳細をチェックしてみましょう。

ポテンシャルを評価してもらえる

20代は、ポテンシャルを評価してもらいやすい時期です。「スキルは入社してから身につければ良い」という考えで、若手の未経験者を積極的に採用している企業もあります。経歴よりも将来性を重視してもらえるという点は、未経験分野に転職したい29歳の方にとってメリットといえるでしょう。

これまでの経験がミスマッチ回避に役立つ

これまでの社会人経験で得た経験や知識が仕事探しに役立つのも、29歳で転職するメリットです。転職後の現実と理想のギャップが大きいと、モチベーション低下につながるため、仕事選びは慎重に行いたいもの。現職での経験をもとに転職先に求める条件を明確にすることで、転職後のミスマッチを最小限に抑えられるでしょう。

29歳で転職するデメリット

29歳で転職するデメリットは、「前職よりも年収が下がる可能性がある」ことと「実務経験不足で不利になる場合がある」こと。転職してから「こんなはずではなかった…」とならないためにも、デメリットも理解しておきましょう。

前職よりも年収が下がる可能性がある

29歳で転職した場合、前職よりも年収が下がる可能性があることを理解しておきましょう。新たな職場では、前職で培った経験やスキルがそのまま評価されるわけではなく、一から実績を積む必要があるからです。特に、スキルなしから異業種に転職した場合は、長い時間を掛けて評価の向上や収入アップを目指す姿勢が求められます。

実務経験不足で不利になる場合がある

29歳で転職する際、実務経験が不足しているとみなされて選考で不利になることもあります。29歳は即戦力を期待されやすいとはいえ、技術や専門知識が必要とされる業界や大手企業への転職を目指す場合、経験豊富な年上の応募者と採用枠を争うことになるためです。29歳の自分のスキルが転職先で通用するかどうかを見極めたうえで、転職に臨みましょう。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

北島愛純

北島愛純

29歳は社会人としての経験と実力を身につけ始める時期。そのため、転職においては年齢に見合ったスキルが求められます。転職活動を開始する前に、自分自身のスキルを一度棚卸してみましょう。転職先でも活かせるような技術や知識をアピールすれば、採用担当者の好印象につながりますよ。

29歳で転職するのにおすすめの職業5選

29歳で転職するのにおすすめの職業5選

  • 営業職
  • IT関連職
  • 介護職
  • 接客・サービス業
  • 配送ドライバー

29歳で転職を検討中の方のなかには、どの業界や職種にチャレンジしようか迷っている方もいるでしょう。この項では、未経験から挑戦しやすかったり前職でのスキルを活かしやすかったりする仕事を5つ解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.営業職

営業職はどの業界でも需要がある職種のため、求人数が豊富な傾向があります。資格は必須ではないので、未経験から挑戦しやすいのも特徴です。主な業務内容は、個人や法人向けに商品やサービスの提案・契約・アフターフォローなどを行うこと。「人と関わることが好き」「成果がはっきり出ることにやりがいを感じる」といった29歳の方におすすめの仕事です。

2.IT関連職

IT関連職として挙げられるのは、エンジニアやプログラマーです。IT業界は現代社会において需要が高まりつつあると同時に、人手不足が深刻化している業界でもあります。入社後の研修制度や資格取得支援制度を整えたうえで未経験者を積極的に採用している企業もあるので、スキルなしからの転職を考えている29歳の方も安心です。

3.介護職

高齢化が進む日本において、介護職も需要が高まっている仕事の一つです。人手が不足していることから、未経験者や無資格者も採用されやすい傾向があります。働きながらスキルを身につけ、資格を取得することで「介護福祉士」や「ケアマネージャー」などへのキャリアアップも図れるでしょう。

4.接客・サービス業

接客・サービス業とは、飲食店や宿泊施設、商業施設などで顧客対応をする仕事のことです。スキルや資格がなくても挑戦しやすく、コミュニケーション力やホスピタリティを活かせます。働く場所や扱う商品・サービスは多岐に渡るため、自分の興味のある分野を選ぶと、やりがいを感じながら働けるでしょう。

5.配送ドライバー

物流業界では、ECサイトの利用拡大に伴い人手不足が深刻化しています。そのため、「未経験者歓迎」の求人も豊富な傾向です。ただし、配送ドライバーとして働くためには普通自動車第一種運転免許の取得が必須条件。なかには入社後に運転免許の資格取得をサポートしてくれる企業もあるため、求人情報を確認したり、面接で質問したりしてあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

29歳での転職を成功させるためには

29歳での転職を成功させるためには、入念な自己分析や企業研究が欠かせません。また、在職中に転職活動を進めることもポイントです。以下で詳しく解説していきます。

自己分析を徹底する

29歳で転職を考えている方は、自己分析を徹底的に行うことが大切です。自己分析とは、過去を振り返って自分の得意・不得意や興味のある事柄などを深く掘り下げる作業のこと。仕事に対する自分の価値観や適性を明確にすることで、転職活動の方向性が定まります。

「どのような仕事に就きたいか」「どのような環境で働きたいか」がはっきりと決まっていれば、仕事探しもしやすくなるでしょう。また、自己分析で得た結果は、志望動機や自己PRを考える際にも役立ちます。

企業研究は念入りに行う

29歳で転職する際は、企業の研究もしっかりと行いましょう。企業の基本情報だけでなく、経営状況や社風、業界の動向なども詳しく調べます。企業のWebサイトやSNS、業界誌など、さまざまな情報に目を通して情報収集するのがおすすめです。入社後にミスマッチを感じないように、自分が働く場所の現状を詳細に把握しておきましょう。

転職活動は在職中に進める

転職活動は、可能な限り在職中に進めるのがベターです。退職して収入が途切れるよりも、毎月の給与を得ながらのほうが、精神的に余裕をもって転職活動を行えるでしょう。退職してから再就職するまでのブランクがあると、企業側から就業意欲を懸念されやすいという理由もあります。仕事をしながら転職活動をするのがどうしても難しいという場合は、数ヶ月生活ができる金額を貯金しておくと良いでしょう。

転職エージェントを活用するのもおすすめ

29歳で転職したいと考えている方には、転職エージェントの活用もおすすめです。転職エージェントとは、民間企業が提供する就職支援サービスのこと。専任のアドバイザーが転職者の希望を聞いたうえで、適した仕事を紹介してくれます。そのほかに、選考対策のサポートや企業とのやり取りの代行といったサービスも受けられるので、「仕事と転職活動を両立できるだろうか」と不安に思っている方も安心です。

29歳での転職をお考えの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、若年層を対象とした転職エージェントです。一人ひとりにキャリアアドバイザーが就き、仕事探しから内定獲得後のアフターフォローまで一貫してサポートいたします。企業との日程調整や条件交渉などもすべてキャリアアドバイザーが代行するので、仕事と転職活動を両立させたい方にぴったりのサービスです。サービスはすべて無料なので、お気軽にご利用ください。

29歳での転職を目指す際によくあるお悩みQ&A

転職を考えている29歳の方々から多く寄せられる疑問をQ&A方式で解決します。

29歳で転職が2回目や3回目の場合の難易度は?

転職回数が多いほど、早期退職のリスクや仕事への意欲を懸念されやすくなります。
そのため、面接時には、過去の転職理由とその経験を経てどのようなスキルを得たのかを明確に述べることが重要です。説得力のある説明ができれば、「チャレンジ精神がある」「適応力が高い」といったプラスの評価に転換できる可能性もあります。

29歳で転職して公務員を目指せる?

公務員試験を受けて合格すれば、29歳で公務員へ転職することが可能です。
ただし、公務員の種類によっては年齢制限が設けられていることがあるため、事前の確認が必要になります。たとえ公務員としての職務経験がなくても民間企業で培ったスキルや経験が活きることもあるので、チャレンジする価値は大いにあるでしょう。

 

29歳と30歳の転職に違いはある?

大きな違いはないものの、30歳以降の転職では即戦力としてのスキルを求められやすくなります。
そのため、異業種へ転職したいと考えている方は、20代のうちに行動するのがおすすめです。社会的には30歳を節目とする風潮があるため、29歳は自分自身のキャリアを再考する良い機会であるといえるでしょう。

 

 

29歳・女性の転職成功は厳しいって本当?

29歳の女性も転職が成功する可能性は十分にあるので、不安になり過ぎる必要はありません。
「ポテンシャルを重視されやすい」「即戦力も評価されやすい」といった29歳の特徴は、性別を問わず転職でアピールできます。29歳は自分のスキルや将来のビジョンに合った転職先を見つける絶好の機会と考え、ためらわずに行動を起こしましょう。

 

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube