ハタラクティブ
ハタラクティブ

30代の転職は未経験だと厳しい?おすすめの職種とエージェント活用法!

30代の転職は未経験だと厳しい?おすすめの職種とエージェント活用法!の画像

この記事のまとめ

  • 30代未経験からの転職は、即戦力を求められたり対象の求人数が少なかったりする
  • 30代で未経験の分野へ転職するメリットは、これまでの経験を活かせること
  • 30代で未経験の分野へ転職すると、一時的に年収が下がる恐れがある
  • 30代の転職先は、成長が期待される業界や未経験者を歓迎している職種がおすすめ
  • 30代未経験からの転職を成功させるには、自己分析を行いぶれない軸を持つことが大切

30代で未経験の分野へ転職する場合、「経験がないと雇ってもらえないのではないか」「20代や経験者に勝る自信がない…」と不安になることもありますよね。

企業側は求職者の年齢が上がるほど即戦力となるスキルを求める傾向にあるものの、未経験者を歓迎している職種や業界も多くあります。職種や条件に強くこだわり過ぎず、広い視野を持って自分に合う転職先を選ぶことが大切です。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの中村さんのアドバイスを交えつつ、30代から未経験の分野へ転職をするメリット・デメリットや、おすすめの職種・業界についてまとめました。また、転職を成功させるコツについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

30代の転職は未経験だと厳しい?

30代になると、新たなキャリアを求めて転職を考える方も少なくないかと思います。結論からいうと、30代未経験からの転職は企業側が求める人物像と合致していれば可能です。必ずしも「30代で未経験の転職は厳しい」というわけではありません。

しかし、30代の転職ではある程度の経験や、即戦力となるスキルを求められる場合もあります。ここでは、「30代で未経験の転職が厳しい」といわれている具体的な理由について解説していきます。

30代は即戦力を求められる場合がある

企業側は、30代の人材を「即戦力」として求める傾向があります。30代という年齢は一定の社会人経験を積み重ね、自らの立場を理解して業務を遂行することが期待される年代です。

また、企業側は30代の人材に対して、これまでの経験やスキルを活かして業績アップに貢献することや、管理職または管理職候補として中核的な存在で活躍することを求めている場合もあります。

「経験や実績が足りないのではないか…」と不安を感じる方は、これまでの仕事で工夫したことや活かせるスキルを正しく伝えることで、未経験の領域でも即戦力として貢献できることをアピールできるでしょう。

30代は20代に比べて未経験者歓迎の求人が少ない

30代は20代に比べて未経験者を歓迎する求人が少ないことも、転職が厳しいといわれる理由に挙げられます。これは先述したとおり、企業側が即戦力となる経験やスキルを持った人材を採用したいと考えているからです。

しかし、なかには即戦力ではなく、30代ならではの視点や経験、ポテンシャルなどを評価してくれる企業も存在します。転職活動の際は職種や条件に固執し過ぎず、柔軟に応募先を考えると良いでしょう。

30代でスキルなしの場合は柔軟に転職先を見極めよう

30代で特別なスキルや経験がない場合、未経験者が採用されやすい業界や職種を見極めることが、転職を成功させるポイントです。

たとえば、これから成長が見込まれるIT業界がその一例です。このような業界の求人では、企業の拡大に採用が追いつかず人手不足となっている場合があります。そのため未経験者を歓迎している企業も多く、育成に力を入れていたり資格取得を支援していたりするところもあるので、チャレンジしやすいでしょう。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

中村凌河

中村凌河

30代で未経験の転職は可能です。企業側としては、長く働いてもらって将来の幹部候補まで育ってほしいという思いから採用しています。あなたが志望する企業で働きたい思いや、熱意をしっかり伝えることが大切です。

求人を探す際は条件や職種などに強くこだわり過ぎず、あなたのポテンシャルを見てくれるような企業を探してみましょう。わたしたちは、そんな仕事探しのお手伝いをしています。

30代で未経験の職種や業界へ転職するメリット

30代で未経験の職種や業界へ転職する場合、選考時にこれまでの経験を評価してもらえたり、転職後に自分のスキルの幅を広げられたりするなどのメリットがあります。

メリットを正しく理解し、自分の強みとして自信を持って転職活動に挑みましょう。

これまでの社会人経験を活かせる

30代で転職するメリットは、たとえ転職先の職種が未経験の分野でも、これまでの社会人経験を活かせることです。社会人経験があれば働くための心構えやビジネスマナー、業務に対する考え方など、入社して最初に教えなければならない知識がある程度備わっていると考えられます。よって、20代と比較して早く実務に携われるでしょう。

また、コミュニケーション力や課題分析力、企画提案力、調整力など、業種や業界を問わず活かせるポータブルスキルを持ち合わせていれば、応用しながら活躍できる可能性もあります。これは企業側にとって大きな採用メリットとなるので、転職前や入社後を問わずアピールしましょう。

スキルの幅を広げられる

自分のスキルの幅を広げられる点も、30代未経験から転職するメリットとして挙げられます。未経験の分野へ挑むことで、これまでにない新たな視点やスキルを獲得し、自己成長を遂げることができるでしょう。

また、30代になると自分の仕事に対する価値観や自身の強み、弱みが見えてくると感じる人も多いはずです。実践に伴った自己分析ができている状態の30代が、自分のキャリアを見直すチャンスといえるのです。

30代前半ならポテンシャルを評価してもらえる可能性がある

未経験分野への転職が30代前半であれば、ポテンシャルを評価してもらえる場合があります。30代前半は企業から見ればまだまだ若手で、将来的な可能性があると考えられているため、企業側も十分受け入れてくれるでしょう。

自身の能力を最大限に活かせる企業を見つけるには、特定の条件にこだわり過ぎず広い視野を持つことが大切です。

30代で未経験の職種や業界へ転職するデメリット

30代で未経験の職種や業界へ転職すると、一時的に給料が下がったり転職活動に時間がかかったりするなどのリスクが考えられます。以下では30代の転職で考えられるデメリットについて詳しくまとめているので、転職に踏み込む前に確認しておきましょう。

ある程度の経験や実績が求められる

転職市場で30代は、ある程度の経験や実績を持つ人材が求められる場合が少なくありません。そのため、未経験の職種や業界への転職活動では、20代に比べて選択肢が限られたり、実績がない分ハードルの高さを感じたりする可能性があります。

自分の市場価値を正しく理解し、どのような企業に応募すれば転職が成功に近づくかを考えてみましょう。

一時的に年収が下がる場合がある

30代で未経験の職種や業界へ転職すると、一時的に年収が下がる可能性があることも覚悟しておきましょう。未経験の転職はキャリアの再出発となる場合もあり、前職より給与の水準が高い業界へ移らない限り、収入は減るかもしれません。

しかし、現職よりも将来性がある分野や企業に転職することで、長い目で見れば収入がアップする可能性も。転職時の条件面だけではなく、今後得られるメリットも考えたうえで総合的に判断すると良いでしょう。

転職するまでに時間がかかる

30代で未経験の職種や業界へ転職するには、20代の求職者よりも時間がかかる場合があります。先述したとおり、30代で未経験者を募集している求人は多いとはいえず、さらに30代の選考ハードルは高く書類選考で落ちてしまう恐れも。

転職活動にかかる期間は1~3ヶ月が一般的ですが、長期戦となっても前向きにチャレンジし続ける気持ちを持つことが大切です。

30代・未経験で転職した方が良い人とは?

30代で未経験の職種や業界への転職を考えている方は、その理由がはっきりしていないと失敗してしまう恐れがあります。ここでは転職した方が良い人の特徴を3つ挙げているので、自分が当てはまっているか確認してみてください。

やりたいことが明確にある人

やりたいことが明確にある人は、積極的にチャレンジすることをおすすめします。30代という年齢は、自分自身の希望や夢がはっきりしてくるころです。目標がはっきりしていれば、未経験の転職であっても自分がどのようなプロセスを経て進むべきか分かるはずです。

今の職種に将来性を感じられない人

30代で転職を考える人のなかには、今の職種に将来性を感じられないことを理由とする人も。技術の進歩や社会の変化により、これまでは安定性があると考えられていた業界や職種でさえも、今ではその地盤が揺らいでいる場合があります。

そのため、自分の技能や知識に将来性があるかどうかを常に考えることは重要です。未経験の職種に新たな可能性を感じるなら、転職を検討しても良いでしょう。

労働条件や環境を変えたい人

現職の労働条件や環境を変えたいと考えている人は、未経験の職種や業界を含めて転職を検討してみましょう。給与水準や労働環境は、企業はもちろん職種や業界によっても異なります。ライフスタイルの変化により家庭と両立したい方や収入アップを求める方などは、未経験分野を視野に入れて幅広く転職先を考えると良いでしょう。

転職は単に職種や業界を変えるだけではなく、働く時間や場所、賃金、福利厚生など、働く条件全体を見直す機会でもあるのです。

30代の未経験者の転職におすすめの職種・業界

30代で未経験の職種や業界へ転職する場合、広い視野かつ慎重に検討していく必要があります。30代での選択は人生が大きく変わるきっかけとなる可能性もあるでしょう。以下では、30代の未経験者が転職するのにおすすめの職種と業界をご紹介します。

高成長が期待される職種・業界

今後、高成長が期待される職種・業界は需要が増えることが考えられるため、将来性があるといえます。いま注目されているのは「IT業界」と「物流業界」です。

IT業界のエンジニア

テクノロジー革新が進むなか、「IT業界のエンジニア」の需要が増えています。プログラミングの知識や技術を身につければ、多くの企業が即戦力として求める職種といえるでしょう。

物流業界のドライバー

物流業界のドライバーは商品を運送したり、倉庫で商品の保管や管理作業などを行ったりするのが主な仕事です。近年はネット通販の普及に伴いドライバーが人手不足の状態のため、積載量に応じた運転免許を取得していれば未経験から転職できるでしょう。

経験を問わない職種

30代で特別なスキルや経験がない場合は、未経験から活躍できる職種を狙いましょう。「営業職」や「介護職」は求人数が多く教育体制が整っている企業もあるので、未経験から転職したい方におすすめです。

営業職

営業職は、人間関係スキルやコミュニケーション能力が重視される職種です。商品やサービスに関する知識は働きながら身につけられるため、学歴や経験の有無を問わず比較的採用されやすい職種といえるでしょう。

介護職

少子高齢化が進むなか、介護職は人手不足である状況が続いているため、未経験者を積極的に採用する傾向があります。資格取得を支援する制度やフォロー体制が充実している企業もあるので、未経験であっても実務のなかで徐々に介護の知識と技術を身につけられるでしょう。

30代が未経験から転職しにくい仕事もある

専門的な技術を必要とする仕事は、即戦力としての活躍を求められるため、30代未経験から転職しにくいと考えられます。たとえば、医療業界や調査・研究分野などは、資格や経験がなければ難しいでしょう。そのため、転職活動では企業研究をしっかり行い、今の自分のスキルに応じた職種・業界を選択することが必要です。

30代・未経験が転職を成功させる5つのコツ

30代・未経験が転職を成功させる5つのコツ

  • 自己分析をしっかり行う
  • 説得力のある転職の軸を持つ
  • 転職活動は現職を続けながら行う
  • 応募書類の作成や面接の準備は徹底的にする
  • 転職エージェントの活用もおすすめ

30代で未経験の職種・業界へ転職を成功させるには、自己分析をしっかり行い、ぶれない転職の軸を持つことがポイントです。以下では、転職を成功させるためのコツを5つご紹介するので、参考にしてみてください。

1.自己分析をしっかり行う

自己分析とは、自分自身の強みや弱み、経験やスキルなどを洗い出す作業を指します。自分の性格やこれまでの経歴などを振り返り、強みを理解することは、転職先に何を貢献できるかを明らかにするための重要なステップです。
また、自己分析をしっかり行ったうえで自己PRを作成すれば、面接時の説得力も増すでしょう。

2.説得力のある転職の軸を持つ

30代で未経験の分野への転職を目指す際は、その理由を明確にし、説得力のある軸を持ちましょう。転職する理由は、人間関係や待遇に対する不満など人それぞれで、面接時は正直に話すことが大切です。

転職理由として転職を決意したきっかけを伝えるだけでは十分にアピールできているとはいえません。新しい職場で何を達成したいのかを示す目標についても考えておくと説得力が増しますし、転職の軸もぶれにくいでしょう。

また、新しい職場での具体的な目標を設けることで転職意欲が高まり、面接時に熱意が伝わりやすくなります。

3.転職活動は現職を続けながら行う

転職活動は、現在のお仕事を続けながら行いましょう。退職してから転職活動を始めると、一時的に収入が途切れてしまいます。経済的な不安から焦って転職先を決めると、ミスマッチを感じる可能性があるのでできるだけ在職中に転職活動をするのがおすすめです。

在職中の転職活動に不安のある方は、ハローワークの職業相談や転職エージェントに相談することをおすすめします。

4.応募書類の作成や面接の準備は徹底的に行う

30代の転職を成功させるポイントは、応募書類の作成や面接の準備にあります。履歴書や職務経歴書などの応募書類は、自分の経歴を整理するだけでなく企業に対する自己PRの一部です。特に未経験の分野の場合、面接官に「会ってみたい」と思われるような志望動機や自己PRが必要となります。

また、面接についても同様です。30代の転職では、転職理由について掘り下げて聞かれる場合があります。転職の軸に一貫性を持つことはもちろん、説得力を増すために入念な準備と練習が必要となるでしょう。ここに時間と労力を投じることで、自分を最大限にアピールできるチャンスが広がります。

5.転職エージェントを活用する

「初めての転職で不安がある」「未経験の分野へチャレンジしたいけれど、自分をアピールするポイントが分からない…」といった方は、転職エージェントの活用を考えてみてください。転職エージェントでは、プロのアドバイザーがカウンセリングを行い、適性や希望に合わせた求人を紹介してくれます。

アドバイザーは転職市場の動向や業界情報に詳しいので、30代・未経験の方も広い視野で転職先を探せるでしょう。また、面接対策や応募書類の添削などの転職活動に関するサポートを受けられるのも特徴の一つです。

なお、転職エージェントによって支援する対象者や内容、アドバイザーの質などが変わるので、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

未経験の職種や業界への転職を考えている方は、転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、未経験者を歓迎する求人を多く取り扱っているのが特徴です。

紹介する求人は実際に取材を行い、仕事の内容や職場の雰囲気などを把握している企業のみ。個人で行う転職活動では確認できないようなことまで理解できるので、自分に合った求人を探せます。

サービスはすべて無料のため、「未経験の分野へ転職したいが自信がない…」「30代で転職へ踏み出せない」といったように悩んでいる方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。

30代・未経験者の転職に関するFAQ

ここでは、30代・未経験者の転職について抱えがちな疑問をQ&A形式でご紹介します。

30代で転職するのは手遅れですか?

必ずしも手遅れとはいえません。
30代になると、ある程度の経験や即戦力となるスキルを求められる場合もありますが、未経験者を歓迎している職種や業界もあります。30代で転職を成功させるためには自分の強みや得意分野を見つけ、それを活かす転職先を見つけることがポイントです。

正社員未経験の30代フリーターは転職エージェントを使えますか?

もちろんご利用いただけます。
転職エージェントは、経験者のみではなく初めて転職する方や正社員未経験の方なども対象に、転職活動全般をサポートするサービスです。転職エージェントによって異なりますが、未経験者歓迎の求人情報を提供してくれるところもあるので、挑戦するチャンスは十分にあります。また、プロのアドバイザーが悩みや疑問に親身になって答えてくれるため、1人での転職活動に不安を抱えている方におすすめです。

30代未経験から社労士に転職できますか?

社労士(社会保険労務士)へ転職するには、学歴・実務経験・指定の国家資格のいずれかの条件をクリアしている必要がありますが、30代でも挑戦は可能です。
しかし、国家資格の取得は難関といわれているため、本格的に学習に取り組む必要があります。転職前に十分な準備時間を確保し、自己学習に不安のある方は専門の学校に通って対策に取り組むことが必要です。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube