ハタラクティブ
ハタラクティブ

仕事が憂鬱で会社に行きたくない…つらいときの対処法は?乗り切る方法も

仕事が憂鬱で会社に行きたくない…つらいときの対処法は?乗り切る方法もの画像

この記事のまとめ

  • 仕事が憂鬱になる原因には、人間関係や仕事のミスマッチなどが挙げられる
  • 仕事が憂鬱で「行きたくない」と感じるのは、必ずしも甘えとは限らない
  • 仕事が憂鬱なときは、業務以外に働く目的を見出してみるのがおすすめ
  • 仕事が憂鬱なときは、業務の進め方を考え直したり上司に相談したりしてみよう
  • 仕事が憂鬱で転職する際は、「どのような環境なら改善するか」を冷静に考えよう

働いていれば誰でも一度は、「仕事が憂鬱で行きたくない…」と感じた経験があるでしょう。仕事のことを考えて夜眠れなかったり、休み明けの朝「行きたくない…」と準備が億劫になってしまったりすることもありますよね。

仕事が憂鬱で行きたくないという気持ちは、必ずしも甘えというわけではありません。つらい気持ちをもち続けるのではなく、休みをとってリフレッシュしたり周囲に頼ってみたりして、一人で抱え込まないようにしましょう。また、憂鬱になる原因を明らかにして、自分に合った対処法を見つけることも必要です。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの高城さんのアドバイスを交えつつ、仕事が憂鬱になる原因や乗り切るための対処法について解説しています。参考にしながら、自分に必要な対処法を見つけましょう。

仕事が憂鬱になるのはなぜ?

仕事が憂鬱で「行きたくない...」と感じても、はっきりとした理由が分からず対処に悩む方は多いでしょう。仕事が憂鬱になる理由は、人間関係や業務内容など人それぞれです。
以下では、仕事が憂鬱になる理由について考えられるものを挙げたので、あなたに当てはまるものがないか確認してみてください。

人間関係がうまくいっていない

職場の人間関係がうまくいかず、仕事が憂鬱になることがあります。「上司や先輩に話しかけづらい」「同期と仲良くなれない」など、周囲と良好な人間関係が築けていない場合、待遇に不満がなくても働くことを苦痛に感じてしまうようです。

また、パワハラやセクハラといったハラスメントの問題を抱えている場合も。直接受けていなくても、社内の雰囲気が良くない状況で働くことを苦痛に感じる人もいます。このような職場環境では、安心して業務に集中できないため、仕事が憂鬱になってしまうでしょう。

夜眠れない・朝起きるのがつらい

夜眠れないことで十分な睡眠時間を確保できず、朝起きるとき「仕事に行きたくない…」と憂鬱になる方もいるようです。しっかりと睡眠をとることは、健康な心身を保つためには欠かせません。しかし、仕事のことを考え過ぎたりプレッシャーを感じたりすると、夜眠ろうとしても眠れない状況に陥ってしまうでしょう。

また、仕事がシフト制で就業時間が不規則だったり夜勤があったりすると、生活リズムを整えるのが難しく、十分な睡眠時間を確保できない可能性があります。しっかり眠れていないと身体や脳が休まらず、朝起きるのがつらいのみではなくストレスも感じやすいでしょう。

転職(入社)したばかりで仕事に慣れていない

仕事が憂鬱になる方の中には、入社したばかりで新しい仕事に慣れずにストレスを感じている方もいるでしょう。転職すると業務内容や職場環境、人間関係などすべてが一からのスタートになります。初めのうちは、業務内容が覚えられず苦労したりミスをしてしまったりすることもあるでしょう。それらにストレスを感じ、仕事が憂鬱になってしまう場合があるようです。

業務内容や職場そのものが合わずストレスを感じる

今の業務内容や職場環境が自分に合っていないと感じていると、ストレスが掛かり仕事が憂鬱になる可能性があります。たとえば、「人と話すことが好きなのに単純作業を黙々とこなさなければならない」「プライベートを充実させたいのに仕事の拘束時間が長い」など、自分が思うように働けないとストレスが溜まってしまうようです。

仕事は自分のやりたいことのみではなく、ときには憂鬱に感じる作業をすることもあります。しかし、今の仕事に「やりがい」や「目標」を見出せず、ストレスを感じる状態が続いているのであれば、仕事が憂鬱になってしまうでしょう。

ミスや失敗に対するプレッシャーが大きい

ミスや失敗を恐れ、プレッシャーを感じて仕事が憂鬱になることも。「同じミスを繰り返したくない」「失敗すると会社に不利益を与えてしまうのでは…」と考え過ぎてしまうと、大きなストレスになるでしょう。
特に、自分の実力に見合わない仕事を任されたり、ハラスメントを受けていたりすると思うように実力が発揮できず、仕事が憂鬱になってしまうようです。

残業が多く心身の疲労が溜まっている

仕事が忙しく残業が多くなると、心身の疲労が溜まって憂鬱な気持ちになりやすいでしょう。働く時間が長くなると休息時間が十分に取れず、身体の疲労は溜まる一方です。仕事へのモチベーションも上がらなくなり、精神面でも憂鬱な気持ちになってしまうでしょう。

これは、「適切な仕事量を把握できていない」といった自分自身の問題や、「人員不足や上司の裁量不足」など会社側の問題が考えられます。自分のキャパシティに見合わない仕事量をこなしていると、体力や精神力が必要以上に奪われ、集中力を失ったり効率的に業務を進められなくなったりする可能性もあるでしょう。 

月曜日や連休明けになると仕事が憂鬱に感じる人も

月曜日や連休明けは、仕事を憂鬱に感じやすいでしょう。どんなに仕事が好きでやりがいがあっても、疲労感や緊張感は伴うもの。週末や連休でストレスのない充実した時間を過ごすと、仕事をしていないことに慣れてしまい、「仕事に行きたくない…」と憂鬱な気持ちになってしまうようです。仕事に対して不満や悩みがない方も、休み明けの前の就寝時や当日の朝は憂鬱になりやすいでしょう。

「仕事に行きたくない」と憂鬱に感じるのは甘え?

「仕事に行きたくない」と憂鬱な気持ちになるのは、必ずしも「甘え」というわけではありません。働いていれば誰でも感じる可能性はあり、つらいときは一人で悩み過ぎず周囲に助けを求めることも必要ですよ。

仕事がつらいときに憂鬱さを感じるのは当たり前

仕事がつらいときに、憂鬱な気持ちを抱くのは自然なことです。人はストレスにさらされると、心身のバランスを保つために心理的な防衛機制が働き、憂鬱な気持ちを抱きます。「仕事に行きたくない」と憂鬱になるのは、心身の健康を守るために心が発するサインなのです。

そのため、業務内容や職場環境が合わなかったり、周囲との人間関係が上手くいっていなかったりして、仕事を憂鬱に感じてしまうのは「当たり前」といえます。憂鬱な気持ちに蓋をして無理を続けると、心身に大きな負担が掛かってしまうでしょう。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

高城綾香

高城綾香

仕事が憂鬱な気持ちは、働いていれば誰でも感じる可能性はあります。「甘えなのでは?」とその気持ちに向き合わずにいると、いつの間にか心身に大きなストレスを与えて、不調に繋がる恐れも。つらいときは無理をせず、自分の心身の健康を第一に考えることが、長く働き続けるための秘訣です。

仕事が憂鬱になる理由は人それぞれなので、「いつ」「どのようなときに」憂鬱さを感じるのか振り返って、適切に対処しましょう。自分一人で考えても解決しないときは、家族や友人など自分を理解してくれる人に「甘える」ことも大切です。自分では思いつかない解決策が見つかるかもしれませんよ。

今の仕事に憂鬱さを感じている場合は、仕事内容や職場環境、働き方において理想とのギャップが大きく生まれている可能性も。わたしたちハタラクティブでは、あなたの適性や希望に合わせて、自分らしく働ける仕事探しのお手伝いをしています。

仕事が憂鬱なときの乗り切り方

仕事が憂鬱で行きたくないとき、その理由とどのように向き合い、乗り越えていけば良いのでしょうか。ここでは、仕事が憂鬱なときの乗り切り方についておすすめの方法をまとめたので、自分に合いそうなものがあれば実践してみましょう。

「仕事をする目的」を業務以外の部分に見出す

仕事が憂鬱なときは、働く目的を業務以外で探してみるのがおすすめです。仕事をする目的は、成果を出すことやスキルアップと考える方が多いでしょう。しかし、そればかりに注力するとプレッシャーや責任を強く感じ過ぎて、仕事が憂鬱になってしまう可能性があります。

そのため、仕事をする目的を業務以外の楽しみに繋げると、モチベーションも上がりやすいでしょう。たとえば、「貯金をしてマイホームを購入する」「海外旅行をする」など、自分が前向きな気持ちに慣れるものであれば、仕事を憂鬱に感じにくくなるのでおすすめです。

仕事と距離を置きリフレッシュできる時間をつくる

一旦仕事と距離を置き、心身ともにリフレッシュできる時間を確保することで、憂鬱な気持ちが解消される場合もあります。しっかりと睡眠をとって疲労回復に努め、仕事のことは忘れてのびのびと過ごせる時間を確保しましょう。

仕事と距離を置くことで心身が回復し、次の勤務日には新鮮な気持ちで業務に取り組めるはずです。また、身体が回復したことで集中力も高まり、効率的に業務をこなせるでしょう。

「今頑張ることが大事」という気持ちをもつ

仕事が憂鬱で「行きたくない…」と感じたときは、「今頑張ればこの先うまくいく」と前向きに考えてみましょう。仕事が憂鬱なときは休息をとることも大切ですが、「仕事に行きたくない」と感じるたびに休んでいては、原因が解決しないまま周囲に迷惑を掛けてしまう可能性があります。

仕事が憂鬱な原因から逃げる方法を考えるのみではなく、あえて向きあうことで、意外な方法で問題が解決したり気にならなくなったりする場合も。仕事に行きたくないと感じたときは、「とりあえず今日は頑張ってみよう」という気持ちをもつことで、仕事へ取り組む姿勢が変わってくるでしょう。

仕事が憂鬱でつらいときに職場でできる対処法

仕事や憂鬱でリフレッシュしたいときでも、「簡単には休めない」という方が多いでしょう。そのようなときに職場でできる対処法について以下でまとめたので、憂鬱な気持ちを軽減させる方法を探してみてください。

仕事の優先順位を決め時間内にできる範囲のことをやる

仕事を憂鬱に感じるのが、業務が思うように進まず残業が多いことが原因の場合は、仕事を効率的に進める方法を考えましょう。仕事に優先順位をつけて、一つのタスクに掛かる時間をあらかじめ決めてから取り組むと、効率的に作業を進められます。仕事の全体像を把握できれば、残業も発生しにくいでしょう。

また、仕事のルーティンを決めておくのもおすすめです。たとえば、「出勤したら最初にメールや与えられたタスクをチェックする」「昼休憩を区切りにして午後の仕事量を見直す」など、毎日の仕事の流れをある程度決めておきます。これによって、自分のペースが崩れにくくストレスを感じることも少なくなるでしょう。

業務量や人間関係に関する不満は上司に相談する

業務量が多過ぎると感じたり人間関係に悩んだりしている場合は、上司に相談するのをおすすめします。業務量の見直しや部署異動など、具体的な解決策を提示してもらえるでしょう。相談する際は、不満や愚痴だけにならないよう、「何に悩んでいてどうしてほしいのか」を客観的な視点から伝えるのがポイントです。

また、上司以外の同僚や友人に相談するのもおすすめ。仕事を効率的に進めるコツや、人間関係をうまく築いていく方法など、仕事に役立てられる情報を得られる可能性があるでしょう。

昼休憩などはしっかり休むようにする

仕事が憂鬱なときは特に、休憩時間をしっかり確保しましょう。適度な休息は一日の仕事のリズムを整え、心身ともにリフレッシュするために必要な時間です。休憩をしっかりとることで、午後からの仕事のパフォーマンスも向上させられます。
たとえば、外の空気を吸いに行く、好きな音楽を聴く、短い昼寝をするなど、心地よく過ごせる方法を見つけてみましょう。

仕事が憂鬱なときは無理をし過ぎるのはNG

仕事を憂鬱に感じるときは、ストレスや疲労が溜まっている兆候です。「仕事に行きたくないのは甘えだ」と無理を続けると、心身の不調に繋がる恐れがあります。十分な休息をとってリフレッシュできれば、前向きな気持ちで仕事に取り組めるでしょう。

仕事が憂鬱過ぎるときは転職したほうがいい?

仕事が憂鬱な気持ちは、原因がなくなれば解消することが多いです。このコラムの「仕事が憂鬱なときの乗り切り方」や「仕事が憂鬱でつらいときに職場でできる対処法」を参考にしながら、気分が晴れる方法がないか試してみましょう。

しかし、抱えている問題がどうしても解決できず、憂鬱な気持ちが続く場合は、転職を選択肢の一つとして考える必要があります。

何をしても改善が見られなければ転職で心機一転するのも手

「仕事のやりがいや楽しさを感じられない」「業務に不満があり改善する努力をしても状況が変わらない」など、仕事が憂鬱な原因を解消できない場合は、転職によって心機一転するのも一つの手です。転職すれば環境が変わるだけでなく、自分が本当にやりたいことを見つけたり、働き方や人との関わり方を考え直すきっかけになったりします。

しかし、転職を安易に決めるのはおすすめできません。仕事が憂鬱になる原因を明確にし、「今の職場で解消できないのか」「転職して解決できる問題なのか」を、しっかり考えておく必要があります。これがはっきりしていないと、転職先でも同じように仕事が憂鬱になってしまうでしょう。

また、転職先が簡単に見つかるともいえません。応募したい企業が見つからなかったり内定をもらえなかったりして、転職活動が長引くと焦ってストレスを抱えてしまうことも。転職を考える際は、憂鬱な気持ちになる自分を分析し、冷静に判断することが大切です。

もう憂鬱にならない!自分に合った仕事を探す方法

転職を決意すると、「次の職場では前向きな気持ちで長期間働きたい」と考える方は多いもの。自分に合った仕事で、憂鬱な気持ちを抱えず働くためには、どのような方法で求職活動をしていけば良いのでしょうか。

ここでは、自分に合った仕事を探すのにおすすめの方法を3つご紹介します。転職先でミスマッチを起こさないよう、参考にしながら職探しに取り組んでみてください。

自分がどのようなことに憂鬱になるのかを知る

前述したとおり、「自身が何に対して憂鬱に感じるのか」を知ることが、適職を見つけるうえで大切です。これが分からないままだと、転職先でも同じことを繰り返してしまう可能性があります。

憂鬱になる原因は、「仕事に行きたくない」と感じるタイミングから探ってみるのがおすすめ。たとえば、仕事を憂鬱に感じるときが「締め切りに追われているとき」であれば「仕事へのプレッシャーが原因」ということになります。また、「慣れない業務を任されたとき」であれば、「マルチタスクが求められる環境が原因」といったように、苦手とするポイントが見えやすいでしょう。
これらを把握しておくと、仕事探しで何を避けた方が良いのかが分かりやすくなります。

業務内容や残業時間などの条件を比較して選ぶ

仕事が憂鬱になる原因を明確にし、自分が転職先へ求める条件が決まったら、実際に職探しを始めましょう。求人を見る際は業務内容のみではなく、給与や福利厚生、職場環境、働き方など、可能な限り多くの情報を集めます。

同じ業種であっても、会社によって業務内容や仕事の進め方が大きく異なることも。自分に合った仕事を見つけるためには、実際に働いている人の意見や会社の評価をチェックするのも必要でしょう。

転職エージェントで適職をアドバイスしてもらう

「一人で仕事探しをするのが不安…」「自分に合った仕事が分からない」という方は、転職エージェントを活用してみるのがおすすめ。転職エージェントでは、求人市場の状況を把握しているプロが、求職者一人ひとりの希望や適性に合った仕事を提案してくれます。自分一人では気付かなかった長所や、将来性を見出してもらえるでしょう。

ハタラクティブは、20代を中心とする若年層に向けた転職エージェントです。経験豊富なアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、適性に合った求人をご紹介します。取り扱っている求人は実際に取材を行い、業務内容や職場の雰囲気を把握している企業のみなのが特徴です。転職先の人間関係や仕事の進め方などに不安がある方も、安心して応募できます。サービスはすべて無料なので、自分に合った仕事を見つけたい方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください。

「仕事が憂鬱」という人によくある質問

ここでは、仕事が憂鬱と感じる方が抱えている疑問に対して、Q&A形式でお答えしていきます。

仕事に行きたくないときのモチベーションの上げ方は?

仕事へのモチベーションが上がらないときは、自分の好きなことを毎朝のルーティンに加えてみるのがおすすめです。たとえば、「自分の好きな音楽を聞きながら通勤する」「朝早めに出てお気に入りのカフェで朝食をとる」など。自分にとってやる気が出ることをルーティン化することで、自然と頭が仕事をする状態に切り替わり、仕事への意欲を引き出せるでしょう。

また、仕事終わりにご褒美を用意しておくのも良い方法です。「目標を達成したら楽しいことがある」と考えると、モチベーションも上がりやすいでしょう。

仕事が憂鬱に感じるときにおすすめの過ごし方は?

仕事が憂鬱なときは、しっかりと休息をとって心身ともにリフレッシュさせることが大切です。たとえば、好きな音楽を聞いたり美味しいものを食べたりするなど、仕事を忘れてゆったりと過ごせる方法を見つけましょう。ストレッチや散歩などの適度な運動をすることも、心身のリラックスに繋がるのでおすすめです。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube