ハタラクティブ
ハタラクティブ

IT企業とは?特徴や職種を解説!就職のポイントもまとめました

IT企業とは?特徴や職種を解説!就職のポイントもまとめましたの画像

この記事のまとめ

  • IT企業とは、情報技術を利用して事業を展開する会社のこと
  • IT企業の業種とは、「ソフトウェア」「通信サービス」「情報処理サービス」など
  • IT企業の職種とは、「システムエンジニア」「データアナリスト」など
  • IT企業で働くには、コミュニケーション能力や論理的思考力が求められる

「IT企業とは?」「どんな仕事がある?」と、IT企業についての相談を受けることがよくあります。「IT企業で働くことに興味はあるものの、具体的な仕事内容が自分に向いているかどうか気になる」という方は多いのではないのでしょうか。

情報技術を利用して事業を行うIT企業は、業種や職種によって役割や必要な観点が異なります。どのような仕事があるか知ることで、選考を通過するために必要な対策が見えてくるでしょう。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの高城さんからのアドバイスを交えつつ、IT企業の具体的な仕事内容や向いている特徴をまとめています。IT企業で働くことに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

IT企業とは

IT企業とは、情報技術(Information Technology)を利用して事業を展開する会社のことです。ソフトウェア開発、ハードウェア製造、ITコンサルティング、データ分析サービス、インターネット関連サービスなど、業界全体で幅広い分野の事業を展開しています。 

IT企業の役割

IT企業の役割は、情報を短時間で効率的に伝達・処理・保存する手段を提供することです。たとえば、現代の代表的なコミュニケーション手段に、IT企業が開発したスマートフォンやアプリが挙げられるでしょう。 

IT企業の業種と職種とは

IT企業の業種と職種は、多種多様です。

以下でそれぞれ詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。業種と職種を一つひとつ知ることで、IT企業で自分に合う働き方ができるかを考えやすくなるでしょう。

IT業界の主な業種

ここでは、IT業界の主な業種例を紹介します。どのような事業でITに携われるかを知るためにも、ぜひチェックしてみてください。

ソフトウェア企業

ソフトウェアとは、コンピュータを動かすプログラム自体のことです。ソフトウェア企業は、多くの幅広い場面で活用できるアプリケーションやシステムを開発し、サポートする役割を担っています。

ハードウェア企業

ハードウェア企業は、パソコンやスマートフォン、サーバーなどの物理的な装置を設計・製造・販売する会社です。昨今は家電や医療機器といった分野もIT化しているため、ハードウェア企業では幅広い分野に携われるでしょう。

インターネット・Web企業

インターネット・Web企業は、インターネットやWebサイトの開発・制作をしています。サイトを作るだけでなく、サービスやインターネット上のメディアも制作・運用するのがインターネット・Web企業です。

通信サービス企業

通信サービス企業は、携帯電話サービスやインターネットの接続サービスを提供しています。固定通信と移動通信に分けられ、家庭の固定電話や公衆電話の使用率が下がる昨今では、携帯電話やインターネットを使えるようにするためのサービスを多く行っているようです。

情報処理サービス企業

情報システム運用やその管理をする役割を果たしているのが、情報処理サービス企業です。 人が行うシステムの運用をITで支援するものなので、個人のクライアントよりも企業向けのビジネスといえます。

ITコンサルティング企業

ITコンサルティング企業も、クライアントは他企業です。戦略立案からシステム導入、運用までをサポートし、ビジネスを助けるのが仕事。 ITの観点から企業の問題点を明確にし、課題解決のために動くのが特徴です。

IT企業の主な職種

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

高城綾香

高城綾香

IT企業の役割が幅広いように、職業も種類が多いもの。上流工程・下流工程といった、IT業界のなかでの役割によっても異なります。

以下では、IT企業の主な職種の例を解説します。上記のさまざまなITの業種を踏まえたうえで、どのようなポジションがあるのかをぜひチェックしてみてください。

システムエンジニア

システムエンジニアは、クライアントの要望をしっかりと聞いたうえで、ITシステムを設計・開発する役割です。要望実現のためには、コミュニケーション能力が欠かせません。

プログラマー

プログラマーは、システムエンジニアが書いた設計書に基づいてコンピュータに命令を与えるプログラミングを書きます。 プログラミングに必要な言語の習得が必要なため、学習意欲があると良いでしょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、通信ネットワークの設計、構築、管理をする役職です。個々のコンピューターをつなぐシステムをつくる役割があります。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、企業のIT戦略を設計し、課題解決を目指す仕事です。企業によって経営戦略や課題は異なるため、幅広いITの知識とコミュニケーション能力が必要でしょう。

データアナリスト

データアナリストは、大量のデータから価値ある情報を見つけ出して分析するのが仕事。ITコンサルタント同様、クライアントの課題を解決する策を提案できるスキルが必要です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、ユーザーにとって使いやすいWebサイトをデザインします。装飾や文字の配置だけでなく、Webサイトを訪れた人がストレスなく操作できるデザインや設計をする技術が必要です。 

プロジェクトマネージャー

ITプロジェクトに携わる各チームの進捗、課題、予算といった全体の統括を行うのが、プロジェクトマネージャーです。プロジェクトの責任を負う立場でもあるので、「責任感が強い」「全体をまとめたい」という方に向いているでしょう。

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、技術的な知識を活用して製品を販売します。 目の前にいるクライアントが必要としているものや潜在的な悩みを読み取り、最適な製品を提案する力が求められるでしょう。

ITサポートエンジニア

ITサポートエンジニアは、自社のITサービスを利用したクライアントからの問い合わせ対応や、トラブルシューティングを行うのが役割です。クライアントからの疑問や要望を直接聞く機会が多い立場といえます。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、企業の情報を守る役割です。トラブルを未然に防ぐリスクマネジメントについて、日々アンテナを張る必要があります。

IT企業に就職するメリットとは

IT企業に就職するメリットとは

  • 最先端の環境で働ける
  • キャリアパスが充実している
  • 年収や福利厚生が魅力的

IT企業に就職すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、IT企業に就職するメリットをご紹介します。IT企業へ就職するか迷っている方は、ぜひご覧ください。

1.最先端の技術に触れて働ける

IT企業は、最先端技術の開発や運用に関わる場所であるため、日々新しい発見や刺激を得られます。最先端の技術に触れながら働くことで、自身のスキルも成長させやすく、知識の幅も広がるでしょう。

2.時代のトレンドに即した仕事ができる

先述したように、IT業界は最先端の技術や情報に触れる機会が多く、変化のスピードが早い業界です。そのため、トレンドに即した仕事ができます。

3.キャリアパスを選択しやすい

IT企業で働くと、キャリアパスを選択しやすいでしょう。

たとえば、エンジニアで経験を積んだあとは「特定分野でスペシャリストになる」「幅広い分野でのジェネラリストになる」といったような選択肢があります。「これまでに培った知識を、どのように活かしたいか」といった観点からキャリアを考えられるのが魅力です。

IT企業に向いている人の特徴とは

「IT企業の業種や職種は分かったけど、自分が向いているか分からない」「IT企業で働けるか不安」と心配に思う方は多いでしょう。

ここでは、IT企業に向いている人の特徴を解説していますので、自分と照らし合わせたり、伸ばせるスキルがあるかを考えたりしてみてくださいね。

論理的思考が得意

IT企業で働くには、論理的思考が必要です。複雑なシステムやソフトウェアの開発を行うには、その背後にあるロジックを理解し、解釈、応用する能力が重要だからです。問題解決のためのアプローチを考える際も、原因と結果を論理的に理解して解を導く力が求められます。

チームワークを大切にできる

IT企業で働くなら、チームワークを大切にできるかも重要でしょう。IT業界の仕事の多くは、一人で行うものではありません。システム開発やプロジェクトマネージメントなど、多くの業務はチームで協力して行います。

そのため、チーム内でのコミュニケーション能力や、周囲の意見を尊重して調和を保つ能力が求められます。

新しい技術に対する好奇心がある

新しい技術に対する好奇心があると、IT企業で働くのに向いているでしょう。先述したように、IT業界は日々新しい技術やトレンドが生まれ、変化し続ける業界です。新しい知識を吸収し学び続ける好奇心と、新しいことに対する挑戦心がある方に向いています。

ストレス耐性がある

IT企業での仕事は、納期や品質、コストといった厳しい要求に応えるため、プレッシャーを感じることも少なくありません。「ストレス耐性がある」「ストレスマネージメントができる」という方は活躍しやすいでしょう。

ITの知識や資格を持っている

専門性が求められるIT業界では、「基本的なITの知識を持つこと」「IT関連の資格を取得すること」が武器になります。 未経験からIT企業への就職を目指す場合には、ITに関する基礎知識を学べるITパスポートの勉強をするのも良い方法です。

以上のように、IT企業に向いている特徴は多岐にわたります。自分に当てはまりそうな特徴や今後伸ばせそうな特徴があるか、選考で活かせるよう参考にしてみてくださいね。

IT企業への就職方法とは

IT企業への就職方法とは

  • 自己分析を行う
  • 必要なスキルを身につける
  • 求人サイトやエージェントを活用する

これからIT企業への就職を考えているあなたに向けて、就活の方法を詳しく解説します。

簡単に実践できる方法もありますので、ぜひご覧ください。

1.自己分析を行う

まずは自己分析を通じて、自分がどのような業種や職種に興味があるかを明確にします。

自己分析とは、自分自身の強み、興味、スキルを真剣に見つめ直すプロセスのことです。また、自分がどのような経験や知識を持っているかを振り返り、働くうえで大切にしたいことを明らかにするための作業でもあります。

2.必要なスキルを身につける

自己分析で就きたい職業や働きたい方向性が明らかになったら、身につける必要のあるスキルに注目しましょう。

ITに関する知識や資格だけでなく、コミュニケーション能力や論理的思考力など、社会人としてのスキルも重要です。自分が興味を持っている職種に必要なスキルを洗い出し、スキルを伸ばすことを意識しましょう。

「未経験者歓迎」の求人に注目するのも手

IT企業に就職するには、「未経験者歓迎」の求人に注目するのも手です。「未経験者歓迎」の求人を出している企業であれば、入社後の研修制度が整っている場合があります。

3.就職・転職サイトで求人を探す

就職・転職サイトでは、数多くのIT企業が求人情報を公開しています。希望の勤務条件で絞って検索すれば、自分に合った求人を見つけることが可能です。また、サイトによっては会社の評判や働きやすさも確認できるので、自分に合った職場を探すのに良い方法といえます。

4.就職エージェントを活用する

就職エージェントは、あなたのキャリアプランをもとに、それに適した求人を紹介してくれます。また、履歴書の添削や面接対策など、就職活動のサポートもしてくれるため、第三者からの客観的な意見を取り入れながら進路を決めたい方におすすめです。

5.選考対策を進める

応募したい企業が決まったら、選考対策を進めましょう。自己PRや志望理由の作成、模擬面接など、自己分析で明らかになった結果を参考に取り掛かります。応募企業ごとにしっかりと対策を行うことで、就労意欲が伝わりやすくなるでしょう。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーがあなたの仕事探しをサポートします。自己分析や応募書類の作成、面接対策など、応募企業の傾向も踏まえて効果的なアドバイスをしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「未経験者歓迎」のIT企業の求人も取り扱っていますので、「スキルに自信がない」「専門知識をあまり知らない...」という場合も、安心してご利用いただけますよ。

IT企業に関するよくある質問と回答

ここでは、IT企業に関するよくある質問と回答をご紹介します。

「文系からIT企業に就職できる?」「給与が安定しているIT企業に就職するには?」という疑問をお持ちの場合は、ぜひ参考にしてみてください。

IT企業は将来性がありますか?

現代社会では、IT技術は業界を問わず多くの領域で必要とされ、それを支えるIT企業の需要はこれからも続くでしょう。新たな技術が次々と誕生し、その応用範囲が日々拡大しています。これから先もIT業界はますます進化し、勢力を伸ばすことが予想されます。

文系からIT企業へ就職するのは難しいですか?

文系のバックグラウンドを持ってIT業界で活躍するのは、決して珍しくありません。IT企業には、マーケティングや営業など、文系出身者が活躍するフィールドが数多く存在します。また、さまざまなプログラミング学習サービスも登場しており、短期間で必要なスキルを身につけることも可能です。

学歴が不安で就活に踏み出せません

多くのIT企業では、学歴よりも技術力や能力を重視して採用を行っています。資格を取得したり、自己学習で得たスキルを自己PRしたりすることで、実力をアピールする機会が広がります。

IT系で給与が安定している会社を見つけたいです

IT企業のなかでは、大手企業や成長の著しいベンチャー企業が給与面で安定しているといえます。求人サイトや口コミサイト、エージェントを活用して、情報を収集しましょう。ただし、給与だけでなく、自身のスキルを活かせる環境や、将来性を考えたうえで選ぶことが大切です。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube