ハタラクティブ
ハタラクティブ

仕事が合わないときはすぐ辞めてもいい?苦痛を感じた際の対処法を解説

仕事が合わないときはすぐ辞めてもいい?苦痛を感じた際の対処法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が合わないことで、ストレスや苦痛を感じている場合は転職を検討しよう
  • 仕事が合わないと感じる原因には、業務内容の不一致や労働環境への不満などがある
  • 仕事が合わない感じても、改善する可能性があるなら現職を続けたほうが良い
  • 仕事が合わないと、ミスが続いたりモチベーションが上がらなかったりする
  • 仕事が合わないと感じたら、現職を続けられないか考えてから転職を検討しよう

働いている方のなかには、「仕事が合わない」「辞めたい」と、入社後のミスマッチを感じている方もいるでしょう。仕事が合わないとストレスを感じて、出社することが憂鬱になったり働くことへのモチベーションが上がらなかったりしますよね。

仕事が合わないと感じたら、まずはその理由を把握し適切な対処をすることが大切です。「今の職場で改善できない」「ストレスで苦痛を感じる…」といったような場合は、転職も選択肢の一つとして考えてみましょう。

このコラムでは、キャリアアドバイザーの荒井さんのアドバイスを交えつつ、仕事が合わないと感じる原因や対処法について解説しています。仕事が合わないと悩んでいる方は、参考にしながら適切な対処法を見つけましょう。

仕事が合わないと感じたらすぐ辞めても良い?

「仕事が合わない…」と感じたとき、すぐに辞めても良いのでしょうか。「退職後後悔するかもしれない」「新しい仕事がすぐに見つかるか不安…」と悩み、なかなか決断できない方もいますよね。

「仕事が合わないこと」を理由に退職するのは問題ないものの、場合によっては後悔する恐れも。大切なのは、「その気持ちが一時的なものではないこと」です。長期にわたって「仕事が合わない」と苦痛を感じている場合は、適切な対処をしなければ心身に影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

以下で詳しく解説しているので、悩んでいる方は参考にしてみてください。

仕事が合わず苦痛やストレスを感じる場合は転職を検討しよう

仕事が合わないことに苦痛やストレスを感じ、自分で改善できない場合は転職を検討すると良いでしょう。たとえば、残業や休日出勤が頻繁に求められたり、上司や同僚と価値観が合わなかったりすると、働くこと自体を苦痛に感じてストレスを抱え続けてしまいます。

自分で対処できないような問題が原因の場合は、より自分にあった環境で働くためにも、転職を検討するのが得策といえるでしょう。

合わない仕事を続けた結果どうなる?

合わないことにストレスを感じながら仕事を続けると、職場の人間関係や業務のパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。仕事が合わないと感じると、業務に対するモチベーションが上がりにくく、上司や同僚に迷惑を掛けてしまう恐れがあるからです。

このような状況が続くと、プライベートでも仕事のことを考えてしまい、ストレスから心身の不調を感じる方もいます。今後のキャリアのためにも、「今の仕事を続けるかどうか」よく考えてみましょう。

仕事が合わないと感じる主な理由8選

仕事が合わないと感じる主な理由8選

  • 仕事内容が自分の性格的に合わない
  • 仕事を頑張っても評価されない
  • 合わない人と仕事をするのが苦痛
  • 労働環境に不満がある
  • 仕事内容に対する給与が低い
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 仕事で自分のスキルを活かせない
  • 理想とするキャリアを実現できない

仕事が合わないと感じたときは、その理由を明確にすることが大切です。「どのようなときに合わないと感じるのか」「仕事のどのような部分に悩みを抱えているのか」を明らかにすることで、自分に合った対処法や適職を把握しやすくなります。

ここでは、仕事が合わないと感じる理由として、考えられるものを8つご紹介します。参考にしながら、仕事が合わないと感じる原因を探ってみましょう。

1.仕事内容が自分の性格的に合わない

仕事が合わないと感じるのは、業務内容が自分の性格に合っていない可能性があります。たとえば、内向的な性格の方が営業職に就くと、対外的なコミュニケーション能力を求められる業務内容にストレスを感じてしまうでしょう。入社前にイメージしていた業務内容と、実際の業務にギャップを感じると、「仕事が合わない…」と感じるようです。

2.仕事を頑張っても評価されない

仕事に一生懸命取り組んでも、その努力を評価してもらえなければ、「仕事が合わない」「自分の能力を認めてもらえない」と、やる気を失ってしまう方もいます。勤めている会社の評価システムが不透明だったり、年功序列で若いうちに評価されにくかったりすると、「評価制度の整った会社に転職したい」と感じる場合があるでしょう。

3.合わない人と仕事をするのが苦痛

仕事が合わないと感じる方のなかには、上司や同僚などと価値観が合わずに苦痛を感じている方もいるでしょう。職場の人間関係は、業務のパフォーマンスに大きく影響します。

性格や価値観の合わない人との関わりが多いと、仕事に集中できなかったり困ったときに相談できなかったりして、職場に行くこと自体が苦痛に感じてしまうことも。その結果、「仕事が合わない」と感じて退職や転職を考えるようです。

4.労働環境に不満がある

労働環境に不満があると、仕事が合わないと感じるものです。たとえば、残業や休日出勤が多かったり職場の設備が不十分だったりすると、疲れやストレスが解消されず、仕事への集中力が低下して実力を発揮できないことがあります。

自分の能力を十分発揮できなければ仕事が合わないと感じ、転職して自分に合った職場環境で働きたいと考える方もいるようです。

5.仕事内容に対する給与が低い

仕事内容に見合った給与が得られないことが原因で仕事が合わないと感じ、今以上の待遇を求めて転職する方もいます。他社や同職種の平均より給与が低い場合、モチベーションの低下や不公平を感じるのは無理もありません。

給与が低いと感じると、「適切に評価されていない」「仕事が合わないのでは…」と悩む原因となります。

6.仕事にやりがいを感じられない

仕事が合わないと感じるのは、業務にやりがいを感じられないことが理由の場合もあります。仕事に対して楽しさや面白さを感じられないと、「なんのために働いているのか」が分からずモチベーションが上がりにくいでしょう。

なかには、毎日業務をこなすだけの仕事にやりがいを感じられず、「成長できる機会を得たい」と感じる方もいます。「今の仕事では成長できない」と思うことが転職を意識するきっかけになるようです。

7.仕事で自分のスキルを活かせない

自分のスキルや経験を上手く活かせないことも、仕事が合わないと感じる理由の一つです。自分のもっているスキルが仕事で活かせないことで、「思うような結果が残せない」「実績を積めない」と不満に思う方もいます。さらに、上司から評価を得られなかったり給与が上がらなかったりすると、「この仕事が合わないのでは…」と考えてしまうでしょう。

8.理想とするキャリアを実現できない

仕事が合わないと感じる理由には、自分が理想とするキャリアプランの実現が難しいことも挙げられます。将来の目標や仕事をする目的がはっきりしている方は、今の業務内容で自分のスキルや経験を伸ばせないと感じると、「仕事が合わないのでは…」と不安を覚えるようです。

ハタラクティブ プラス在籍アドバイザーからのアドバイス

荒井幹太

荒井幹太

仕事が合わないと感じると、「適職を見つけて活躍したい」と転職を意識する方が多いと思います。そのようなときは、仕事が合わないと感じる原因をはっきりさせることが大切。なぜなら、あなたに適性のある仕事は、今の企業で感じている不満から見つかることもあるからです。

自分を客観視し、「現職での不満はどのような職場であれば解消されるのか」をじっくり判断していきましょう。客観的な意見が非常に重要ですので、少しでも悩んだら周りの人やエージェントに相談してみてください。わたしたちハタラクティブでは、あなたの性格に合わせて長く続けられる仕事を見つけるお手伝いをしています。

仕事が合わないと感じても続けたほうが良い状況は?

仕事が合わないと感じると、退職や転職を考える方が多いですよね。しかし、現職への不満は自分の行動次第で改善できる可能性があります。

以下で、仕事が合わないと感じたときでも現職を続けたほうが良い状況についてまとめたので、辞めるか辞めないか悩んでいる方は参考にしてください。

自分の行動で改善される可能性がある場合

仕事が合わないと感じたときは、自分の仕事に対する行動や考え方を変えることで改善できないか考えてみましょう。たとえば、職場の人間関係で悩んでいる場合は異動を申し出たり、待遇に不満がある場合は上司に相談してみたりすることで、状況が改善する可能性があります。

また、自分の仕事に対する考え方や取り組み方を変えてみるのもおすすめです。仕事をする目的を変えたり、同僚へのコミュニケーションを少し丁寧にしてみたりするなど、自分の姿勢を変えることで改善される場合があります。

もし状況が変わらなかったとしても、「やれることはやった」と納得できるので、転職後に後悔することはないでしょう。

労働環境や待遇に不満がない場合

「福利厚生が充実している」「評価制度がしっかりしている」など、今の労働環境や待遇に満足している場合、現職を続けたほうが良いでしょう。

転職先で今抱えている悩みが解決したとしても、労働環境や待遇に対して「前職のほうが良かった」と後悔してしまう可能性があります。労働環境や待遇に不満がない方は、「今の仕事を続けられないか」「状況が改善されないか」を考え、行動すると良いでしょう。

仕事へのやりがいや意欲がある場合

今の仕事が合わないと感じても、業務自体にやりがいを感じて意欲的に取り組んでいるなら、その気持ちを大切にしましょう。仕事へやりがいをもって取り組める場合は、モチベーションも上がりやすく、自分のスキルや経験、実績などをつくりやすいからです。

仕事では、好きな業務もあれば憂鬱に感じる業務もあります。特に今の仕事に就いて間もない方は、「合わないかも…」という気持ちが一時的なものである可能性も。やりがいや意欲をもって取り組める仕事は多くないため、現職に少しでもやりがいを感じているのであれば、もう少し様子を見ると良いでしょう。

仕事が合わないと感じるのは甘え?

仕事が合わないと感じるのは、必ずしも甘えとはいえません。仕事が合わないと感じる理由によって考え方は変わりますが、現職で改善の努力をしても変わらない場合は、「甘えている」と考えず適切な対処が必要でしょう。

しかし、「なんとなく合わない気がする」「できることをやっていない」といったような場合は、転職しても同じ理由で「仕事が合わない」と感じる可能性があります。まずは仕事が合わない理由を明確にして、今の職場でできる対処法を考えることが大切です。

見逃さないで!仕事が合わずストレスを感じているときのサイン

仕事が合わないと感じながら続けていると、ストレスや不満を抱えて「辞めたい…」と考えるときもありますよね。その気持ちを無視していると、仕事のパフォーマンスが落ちたり心身に影響を及ぼしたりする可能性があります。

ストレスを感じているサインを見逃さず、早めに気づいて対処することが、自身の健康とキャリアを守るために非常に重要です。ここでは、仕事が合わずにストレスを感じているときのサインをご紹介するので、仕事を辞めるかどうか悩んでいる方は参考にしてください。

ミスを繰り返す

普段は問題なく進められる業務でミスが続くと、ストレスを抱えている可能性が高いです。仕事をしていれば誰でもミスをすることはありますが、資料の誤字脱字や確認不足などのケアレスミスが短期間で続く場合、何らかの理由で集中力が低下している可能性があります。

また、今の会社へ就業して数年が経過したにも関わらずミスが減らない場合は、仕事自体が合っていない可能性も考えられるでしょう。

モチベーションが上がらない

仕事が合わないことで「やる気が出ない」「モチベーションが上がらない」といった場合、ストレスを感じている可能性があります。モチベーションを維持することは、仕事で成果を上げるために重要です。

しかし、モチベーションが上がらないと仕事へ意欲的に取り組めず、成果を上げられなかったり上司からの評価を得られなかったりする可能性があります。これによって、「仕事が合わない」とストレスを感じてしまうようです。

プライベートが楽しめない

プライベートが楽しめなくなると、仕事に対してストレスを感じている可能性が高いでしょう。合わない仕事を続けてストレスを感じると、プライベートも仕事のことで頭がいっぱいになり、趣味や家族との時間などを楽しめなくなることがあります。リラックスする時間が持てないと、心身の疲れも蓄積されやすいでしょう。

仕事が合わないと感じたときの5つの対処法

仕事が合わないと感じたときの5つの対処法

  • 今の仕事のやりがいを探してみる
  • 業務に役立つ資格を取得する
  • 仕事が合わないことを上司や人事に相談する
  • 仕事から離れて気分をリフレッシュさせる
  • 転職する

仕事が合わないと感じる理由が明確になったら、転職を考える前に「現職を続ける方法はないか」をよく考えましょう。ここでは、仕事が合わないと感じたときにできる対処法を5つご紹介するので、自分に合いそうなものがあれば試してみてください。

1.今の仕事のやりがいを探してみる

仕事が合わないと感じたときは、今の業務内容を見つめ直し、やりがいを見出してみましょう。「自分の仕事が誰の役に立っているのか」「どのようなときに達成感を得られるか」などを考えることで、仕事へ取り組む姿勢が変わる可能性があります。

また、新しいプロジェクトに参加したり新しいスキルを学んだりするのもおすすめです。今まで気づかなかった「仕事の面白さ」が見えることがあります。自分から意欲的に仕事に取り組むと実績にも繋がりやすいため、転職する際も自分をアピールできる材料となるでしょう。

2.業務に役立つ資格を取得する

業務に役立つスキルや資格を取得することも、仕事が合わないと感じたときに有効です。先述したとおり、新しいスキルを得ることで今まで挑戦できなかった業務に携われたり、業務を効率良くこなせたりして、「今の仕事が面白い」と感じられることがあります。

転職する際も、スキルや資格をもっていると選択肢が広がり、自分が理想とする仕事が見つかる可能性が高まるでしょう。

3.仕事が合わないことを上司や人事に相談する

「仕事が合わないのでは…」と悩んでいる方は、上司や人事へ相談することで解決する場合があります。仕事が合わないと感じる理由には、「業務量の負担が多い」「ハラスメントで悩んでいる」など、自分だけでは解決が難しい問題もあるでしょう。

上司や人事に相談すれば、部署移動やタスク量の調整、職場環境の改善などによって問題が解決する可能性も。また、客観的な意見を聞くことで仕事に向き合う姿勢や考え方が変わり、前向きな気持ちで取り組める場合もあるでしょう。

4.仕事から離れて気分をリフレッシュさせる

仕事が合わないとストレスを感じているときは、仕事から離れて十分な休息をとることが必要です。日々の疲れやストレスが蓄積していると、仕事への集中力やモチベーションの維持が難しいでしょう。

休暇をとって心身をリフレッシュさせることで、モチベーションを取り戻し、新しい気持ちで仕事に向き合えます。また、今後のことをじっくり考える時間を確保できるため、後悔のない判断ができるでしょう。

5.転職する

状況の改善が難しく、「仕事が合わない」という気持ちが解消されない場合は、転職を考えるのも選択肢の一つです。自分に合った仕事で新しいスタートを切ることは、心身の健康や今後のキャリア形成において必要な決断といえます。

合わない仕事を続けるのは、心身の健康のためにもよくありません。また、今の仕事をなんとなく続けたまま年齢を重ねると、転職をしたいときに応募できる求人が限られてしまう恐れもあります。

仕事が合わない理由が、自分の努力では解決しないようなことであれば、早めに転職を考えたほうが良いでしょう。

仕事が合わないことが理由で転職する際の注意点

仕事が合わないことが理由で転職するのは勇気がいりますよね。「次の仕事が見つかるのか」「転職先で同じような状況にならないか」などで悩み、一歩を踏み出せないことは珍しくありません。

以下では、仕事が合わずに転職するとき注意したいポイントを2つご紹介するので、転職を考えている方は意識してみてください。

自己分析をして自分に合った仕事を考える

仕事が合わず転職する方は、「自分が仕事に何を求めているのか」を明確にし、「自分に合う仕事とは何か」を把握することが大切です。これを怠ると、転職先でも同じ理由で悩む可能性があります。

自分に合った仕事を見つけるためには、しっかりと自己分析を行い、過去の経験や性格から、自分の強みや弱み、価値観などを洗い出しましょう。自分の過去の成功体験や楽しかった思い出、苦手と感じたことなどを見つめ直すことで、求める仕事像がはっきりしてきます。

退職理由で「前職の仕事が合わない」は避ける

転職する際の面接で退職理由を聞かれたとき、「前の仕事が合わなかった」と伝えるのは避けましょう。なぜなら、面接官に「同じ理由で退職されるのではないか」「仕事に対する意欲が十分ではないのでは」と懸念を抱かせてしまう可能性があるからです。

退職理由を聞かれた場合は、「自分のスキルを活かしてキャリアアップしたい」「前職で学んだことを活かしながら新しい経験をしたい」といったように、前向きな気持ちをアピールしましょう。また、前職では叶わなかった理由や自分が行った改善策も伝えられると、より説得力をもたせられます。

「退職理由の伝え方が分からない」「自分に合う仕事が見つからない」といった方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは20代を中心とする若者に向けた転職エージェント。専任のアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、適性や希望に合った求人をご紹介します。

退職理由の伝え方や、自分をアピールする有効な方法についてもアドバイスしているので、自信をもって選考に臨めるのが特徴です。サービスはすべて無料なので、悩んでいる方はぜひご活用ください。

仕事が合わないと悩んでいる方に関するFAQ

ここでは、「仕事が合わない」と悩む方が抱えがちな質問にQ&A形式でお答えしていきます。

仕事のスピード感が合わないときはどうすればいい?

仕事のスピード感が合わない場合、業務を割り振っている上司がタスクの配分を見誤っている可能性があります。

ここで無理をして周囲にペースを合わせようとすると、ミスが起きたり周囲が納得できる成果を上げられなかったりする可能性も。まずは自分のペースをしっかり把握し、上司に相談してみましょう。一日のタスクをリストアップして実際に掛かる時間を測ってみると、具体的な数字で自分のペースを示せるのでおすすめです。

人間関係が合わず仕事を辞めたいときは?

人間関係が合わず仕事を辞めたいときは、ストレスを感じる原因を明確にして対処しましょう。なぜなら、人間関係の問題はどのような職場であっても起こり得るからです。原因を曖昧にしたまま転職してしまうと、転職先でも同じ理由で悩む可能性があります。

人間関係で悩んだときは、「どのようなときに合わないと感じるのか」を考えてみると、原因が把握しやすいかもしれません。原因がはっきりしたら、信頼できる人に相談したりコミュニケーションの方法を変えてみたりして、改善する方法がないか考えましょう。

仕事が合わないと感じる30代は転職できる?

30代の方も、仕事が合わないと感じたら転職することは可能です。30代はキャリアを見直す方が多い傾向があり、企業側もある程度の経験やスキルをもった求職者を積極的に採用しています。

ただし、30代の方が転職を成功させるためには、その目的をしっかりもつことが大切です。「今までの経験から何を得たのか」「これから何を望んでいるのか」を明確にしてから、転職先を選びましょう。目的がはっきりしていないと、採用者側に不安や疑問を抱かせてしまい、選考に不利になる可能性があります。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

京都大学工学部建築学科を2010年の3月に卒業し、株式会社大林組に技術者として新卒で入社。その後2012年よりレバレジーズ株式会社に入社。
ハタラクティブのキャリアアドバイザー・リクルーティングアドバイザーを経て2019年より事業責任者を務める。

資格 : 国家資格キャリアコンサルタント国家資格中小企業診断士
メディア掲載実績 : 「働く」をmustではなくwantに。建設業界の担い手を育て、未来を共創するパートナー対談定時制高校で就活講演 高卒者の職場定着率向上へ【イベント開催レポート】ワークリア障がい者雇用セミナーSNS : LinkedIn®YouTube